死の匂い

on Nov 27, 2016

iPhone 6s

そのむかし、わたしがまだ小学生だった頃、近所で遺体発見の騒ぎがあった。実家の何軒か向こうにあった塀の高い家、その家の主人が死んで何日も放置されていたという。わたしは、その家が面した道を抜けたところにある友達の家によく通っていた。そうした騒ぎがあったときも、その道を通っていたように思う。

そしてある日嗅いだのは、「死」の匂い。強烈な消毒のような、なまったるい匂い。茶色の曇ったような湿った匂い。

たぶん、そのとき嗅いだのは、遺体を運び出してからいろいろ処理したあとの「後始末」の匂いだった、と大人になってから気づいたが、しかしわたしは長いことそれを「人が死んだときの匂い」だと思って過ごしてた。

ここ数日、何きっかけなのか甚だ謎だが、頭の中でその匂いを思い出している。実際に匂ってもないのに、匂いを思い出せるってどういう仕組みなんだ、やっぱ脳ってすごいわ、と人間の神秘に思いを馳せている。唐突に。

on Nov 27, 2016 / in 思考

この記事をシェア

新着記事

NEW on Sep 19, 2018

たまにもらえる「良く出来ました」

iPhone 6s 嬉しい。...

NEW on Sep 12, 2018

何でもないバッグ

iPhone 6s とにかくもう、何でもない、ただの超シンプルな皮のトートバッグが欲しくてですね。こうなんていうか、一生使っていきたい的なやつ。何の小細工も効かせてないやつ。あるよねー、マー...

NEW on Sep 10, 2018

雨の日の白

iPhone 6s こんな雨の日に白い靴なんて履いてるの、わたしくらいなもんかと思ってたけど全然、前に座る2人も白かった。...

NEW on Sep 8, 2018

中二が満載の腱鞘炎

iPhone 6s 右手首が痛くって、ああこれ噂の腱鞘炎てやつなんじゃないか、とか思ってるところに、極め付けウォーターサーバーをおりゃーと入れ替えたらグッキリやったぽくて、なんだよもう、...

NEW on Sep 5, 2018

えっ、私ですか?

iPhone 6s fly-g「20分たったら教えて〜」 siri「えっ、私ですか?」 ちょ、、 教えてくんない他人行儀なsiriであった。 そのあともう一回話しかけたら、タ...

NEW on Aug 23, 2018

恋する2人と「ラチエン通りのシスター」

帰り道。人がほとんどいないタイミングで、駅の長い長いエスカレーターに揺られていた。ふと前を見ると20代前半か、ジャケなしスーツのメンズと膝丈ワンピースの女子の若々しいカップルがいた。2人は...