死の匂い

on Nov 27, 2016 / in 思考

iPhone 6s

そのむかし、わたしがまだ小学生だった頃、近所で遺体発見の騒ぎがあった。実家の何軒か向こうにあった塀の高い家、その家の主人が死んで何日も放置されていたという。わたしは、その家が面した道を抜けたところにある友達の家によく通っていた。そうした騒ぎがあったときも、その道を通っていたように思う。

そしてある日嗅いだのは、「死」の匂い。強烈な消毒のような、なまったるい匂い。茶色の曇ったような湿った匂い。

たぶん、そのとき嗅いだのは、遺体を運び出してからいろいろ処理したあとの「後始末」の匂いだった、と大人になってから気づいたが、しかしわたしは長いことそれを「人が死んだときの匂い」だと思って過ごしてた。

ここ数日、何きっかけなのか甚だ謎だが、頭の中でその匂いを思い出している。実際に匂ってもないのに、匂いを思い出せるってどういう仕組みなんだ、やっぱ脳ってすごいわ、と人間の神秘に思いを馳せている。唐突に。

Recent Posts

NEW on May 21, 2017

モツが食べたくて。赤玉パンチサワーも飲め...

iPhone 6s 最近は格安大衆居酒屋がムーブメントで、「串八珍」にばかり足を...

NEW on May 15, 2017

なんにでも日付を...

iPhone 6s 先生はなんにでも日付を書く。書道教室のトイレのタンクにまで、...

NEW on May 10, 2017

撮りたい気持ち...

RICOH GR あ、撮りたいな、とおもって走ってここまで来た。それが情熱だ...

NEW on May 8, 2017

奇才の水墨画家「雪村(せっそん)」を見た...

iPhone 6s ズバっと太く縁取った力強くシンプルな実線が印象的、かと思いき...

NEW on May 7, 2017

ゴールデンなウィークが終わる...

iPhone 6s バカみたいに暮らした。なんて幸せなんだ。 でももう...

NEW on May 7, 2017

しゃぶしゃぶは忙しい...

iPhone 6s しゃぶしゃぶしてアクとってビール飲んで薬味入れてタレ選ん...

Similar posts

みんな同じ感傷

揺蕩った日の音楽

唯一の人

今日の終わり

ぬるま湯新幹線

まじかよ10年目で9周年

スーツと鳩

魔性な冬の赤

カリオストロの城のクラリスに学ぶ

情緒の写真

みんな同じ

もしかして神