「おやすみプンプン 13 最終巻」を読んだ

on May 30, 2015 / in 漫画

iPhone 6

無音の中で読んでいたはずなのに、いつの間にか音楽をきいているような錯覚になって不思議。ああここで終わらないでね、とページをめくるたびに思った。

1巻の発売が2007年で、2014年に最終巻が出て、Kindle版を待ってたらそのまま忘れて2015年になった。8年もたってた。そりゃあ、小学生も大人になるわ。ってしばらくして、もう一回読み始めたら涙が溢れて止まらない。

こういう気持ちに、あと何回なれるかな。おやすみプンプン。


おやすみプンプン(13)Kindle

0

Recent Posts

NEW on Apr 16, 2017

あとまわ死...

iPhone 6s なんもかんも、あとでやろうと思っているうちに、桜は散るし、歳...

NEW on Apr 12, 2017

夜で雨で自由...

iPhone 6s ここにいるのも自由だし、いないのも自由。撮るのも撮らないのも...

NEW on Apr 11, 2017

さよならnot category...

iPhone 6s はげしくどうでもいいんだけど、いやいやわたしのなかでは長らく...

NEW on Apr 10, 2017

雨上がりのピンク...

iPhone 6s 日曜雨上がりの夕方に、ピンクでライトアップされた桜の木の下を...

NEW on Apr 9, 2017

雪みたいに...

iPhone 6s 朝起きたら、あたりいちめん桜に覆われて真っ白になってたらいいのに...

NEW on Apr 9, 2017

凛として時雨 「鮮やかな殺人」を聴いてる...

iPhone 6s メンズの高音ボイスってまるで知らないんだけど、Xジャパンかな...

Similar posts

雪みたいに

ぜんかい人見知り

一過性の色

まじかよ10年目で9周年

朦朧の予感

殺戮少女が刈りまくる!カネコアツシ著「デスコ 1〜5」を読んだ

思い出さない年の瀬

幻術の夕暮れ

死の匂い

定時退社で走って走って

ホタテとビール

「コンビニ人間」を読んだ