「おやすみプンプン 13 最終巻」を読んだ

on May 30, 2015 / in book

iPhone 6

無音の中で読んでいたはずなのに、いつの間にか音楽をきいているような錯覚になって不思議。ああここで終わらないでね、とページをめくるたびに思った。

1巻の発売が2007年で、2014年に最終巻が出て、Kindle版を待ってたらそのまま忘れて2015年になった。8年もたってた。そりゃあ、小学生も大人になるわ。ってしばらくして、もう一回読み始めたら涙が溢れて止まらない。

こういう気持ちに、あと何回なれるかな。おやすみプンプン。


おやすみプンプン(13)Kindle

0

by fly-g

Thanks for reading :) うれしいです!

RSS
follow us in feedly

Recent Posts

NEW on Jan 24, 2017

情緒の写真...

iPhone 6s 写ったものがその時の情緒と連動した(ように見える)写真が好き...

NEW on Jan 22, 2017

1つで2役!iPhoneコネクタとマイクロU...

RICOH GR iPhoneのLightningコネクタとマイクロUSBが両方...

NEW on Jan 19, 2017

あと1,000人いる...

iPhone 6s 身バレするからと過度にソワついて小細工かましてみるも、「お前...

NEW on Jan 18, 2017

いつ着るの?タワレコとポインコのスペシャルコ...

iPhone 6s ねえちょっと、はやく写真とって!ポインコとわたしの写真と...

Similar posts

ぜんかい人見知り

何もしないの限り

かわるがわるの愛しいmusic

一過性の色

儚い桜

朦朧の予感

サントラのキュー出し

世界を知らない

殺戮少女が刈りまくる!カネコアツシ著「デスコ 1〜5」を読んだ

思い出さない年の瀬

幻術の夕暮れ

死の匂い