恋する2人と「ラチエン通りのシスター」

on Aug 23, 2018

帰り道。人はおらず、長い長い駅のエスカレーターに揺られていた。たまにこういう日があって激しく嬉しい。

ふと前を見ると20代前半くらいな若々しいカップルがいた。2人はそっと抱きついたり離れたり、急に走り出したり戻ってきたり、満面の笑みで見つめあったかと思えば2つ並んだ同方向のエスカレーターを別々に乗って、真ん中で手を繋いだり離したりしていた。

ああこれ、知ってる。少女漫画かなにかの実写だな。ってわたしはもうエスカレーターの手すりに頬杖ついてじっと見ちゃったよね。

そのときわたしのイヤホンから流れてきたのは「ラチエン通りのシスター」であった。聴いて。すげい良いから。

この世界には、恋する2人と不審なわたしがいて、たったそれだけが映画になるような気がした。不審なわたしが余計だわ。

on Aug 23, 2018 / in 音楽

新着記事

NEW on Jul 18, 2020

救われた

最近またSpotifyで音楽づいてるんですが、ふいに流れてきた曲が、もうなんだか泣けてきて。相変わらず情緒ぶっ壊れてんのかなと思ったけど、いや待って。これは泣ける方が正解なんじゃないでしょうか。知らん...

NEW on May 10, 2020

人影待ち

わたしの東京コントラストは、そもそもが人のいない時間や場所を選んで撮っていたので、コロナ前後であまり変化がないのだけれど。それにしても、それにしてもだ。この東京で、シュートのために人影を待つことになろ...

NEW on May 4, 2020

平和ボケ

ここ何日か、ブログを書いては消し、書いては消して、また書いている。 書けないことがだいぶストレスなのだが、わたしが書けないということは、つまり感傷がないのだ。非常事態宣言が発令されてるこんな最中...

NEW on Apr 5, 2020

インスタが続かない

インスタがぜんぜん続かない。投稿してはザバッと消してを幾度となく繰り返し、その幾度目かのスタートラインに懲りもせずまた立ってる。 ツイッターと違って、インスタは各アカウントのブランドがより強く際...

NEW on Apr 5, 2020

孤高のシューター

コロナがオーバーシュートするかもしないかもな瀬戸際で、東京都は都民へ外出自粛を要請中。よもや首都封鎖、ロックダウンといったワードまで。なにそれもう映画じゃん。レインボーブリッジ封鎖できませぇん!などと...

NEW on Feb 1, 2020

初・MRI

とんでもなく頭痛がきてる。以前からあったような気もするが、いやどうにも尋常でない気がする。気だけのような気もする。とにかく気がしまくっている。もうまったく仕事が手につかないので、この世の終わりみたいな...