便利の弊害

on Jun 1, 2018

その昔、家を建て替える匠のなんとか、みたいなテレビ番組を見ていた。

あるところに、おばあちゃんの家とその息子家族の家が隣接して建っていた。おばあちゃんちは古くお風呂がない。毎晩寒い思いをしながら、吹きさらしの渡り廊下みたいなところを通って、息子の家にあるお風呂に入りに来ていた。番組はおばあちゃんの不便をなくすため、おばあちゃんちをリフォームしてすばらしいお風呂を作った。おばあちゃんはもう寒い思いをすることなく自分の家でお風呂に入れる、めでたしめでたし、という回であった。

相方ちんはそれを見て「(おばあちゃんは)毎晩お風呂に入りにくることで、息子家族と顔を合わせていたのにね」と言った。

わたしは箸を落とした。

それが真実なら、まもなくそれは当人たちも気づくであろう。

しかし怖いのはここからだ。わたしにおいては、便利の裏側で失ってしまった何かを、思い出すことすらできないまま今に至るのではないか、と。

まあ、それに気がついたところで、何も変わらないのであるが。

あははは、うけるよね。

on Jun 1, 2018 / in 思考

新着記事

NEW on Sep 19, 2020

虫がいる

半分寝てたんだけど、手が痒くて起きた。なんかぷっくり虫にさされてんのね。よりによって手の甲。まあたしかに、脂肪たっぷりな二の腕や太ももより、骨をしゃぶる方が美味しそう。出汁もとれそう。 キンカン...

NEW on Jul 18, 2020

救われた

最近またSpotifyで音楽づいてるんですが、ふいに流れてきた曲が、もうなんだか泣けてきて。相変わらず情緒ぶっ壊れてんのかなと思ったけど、いや待って。これは泣ける方が正解なんじゃないでしょうか。知らん...

NEW on May 10, 2020

人影待ち

わたしの東京コントラストは、そもそもが人のいない時間や場所を選んで撮っていたので、コロナ前後であまり変化がないのだけれど。それにしても、それにしてもだ。この東京で、シュートのために人影を待つことになろ...

NEW on May 4, 2020

平和ボケ

ここ何日か、ブログを書いては消し、書いては消して、また書いている。 書けないことがだいぶストレスなのだが、わたしが書けないということは、つまり感傷がないのだ。非常事態宣言が発令されてるこんな最中...

NEW on Apr 5, 2020

孤高のシューター

コロナがオーバーシュートするかもしないかもな瀬戸際で、東京都は都民へ外出自粛を要請中。よもや首都封鎖、ロックダウンといったワードまで。なにそれもう映画じゃん。レインボーブリッジ封鎖できませぇん!などと...

NEW on Feb 1, 2020

初・MRI

とんでもなく頭痛がきてる。以前からあったような気もするが、いやどうにも尋常でない気がする。気だけのような気もする。とにかく気がしまくっている。もうまったく仕事が手につかないので、この世の終わりみたいな...