肝付ホタテ、インスタ映え

on Mar 28, 2018

「肝付ホタテがありますよ」

で握ってもらったお寿司。初めて食べるー!とわたしが写真写真していると、板前さんは「インスタ映えっすね」とニコニコしながら言った。いや、全くインスタ映えではない、と思ったが、その事実が一体なんだというのだ。わたしが求めるのは、わたしの今が克明に、あるいは虚と実像の狭間で、生々しく過ぎていくだけのただの写真である。というその事実が、いや、このかなり奇をてらった言い方が、一体なんだというのだ。いやまて、その思想こそ、インスタ映えなどではあるまいか。否か。

「えへへへインスタ映えっすね」とヘラつくわたしが作り出す、誰にというわけでもない忖度きわまりない空間に浮かぶ肝付のホタテは、異常なほどに艶めいており、わたしはそれを一口で食べた。

美味しい。

on Mar 28, 2018 / in 思考

新着記事

NEW on Jul 18, 2020

救われた

最近またSpotifyで音楽づいてるんですが、ふいに流れてきた曲が、もうなんだか泣けてきて。相変わらず情緒ぶっ壊れてんのかなと思ったけど、いや待って。これは泣ける方が正解なんじゃないでしょうか。知らん...

NEW on May 10, 2020

人影待ち

わたしの東京コントラストは、そもそもが人のいない時間や場所を選んで撮っていたので、コロナ前後であまり変化がないのだけれど。それにしても、それにしてもだ。この東京で、シュートのために人影を待つことになろ...

NEW on May 4, 2020

平和ボケ

ここ何日か、ブログを書いては消し、書いては消して、また書いている。 書けないことがだいぶストレスなのだが、わたしが書けないということは、つまり感傷がないのだ。非常事態宣言が発令されてるこんな最中...

NEW on Apr 5, 2020

インスタが続かない

インスタがぜんぜん続かない。投稿してはザバッと消してを幾度となく繰り返し、その幾度目かのスタートラインに懲りもせずまた立ってる。 ツイッターと違って、インスタは各アカウントのブランドがより強く際...

NEW on Apr 5, 2020

孤高のシューター

コロナがオーバーシュートするかもしないかもな瀬戸際で、東京都は都民へ外出自粛を要請中。よもや首都封鎖、ロックダウンといったワードまで。なにそれもう映画じゃん。レインボーブリッジ封鎖できませぇん!などと...

NEW on Feb 1, 2020

初・MRI

とんでもなく頭痛がきてる。以前からあったような気もするが、いやどうにも尋常でない気がする。気だけのような気もする。とにかく気がしまくっている。もうまったく仕事が手につかないので、この世の終わりみたいな...