恥ずかしいの塊

on Apr 26, 2016

あるとき浦沢直樹氏が、描くことはフェティシズムを表現することであってそれはとても恥ずかしい作業だけどそれが強烈なほど人の心を打つ、みたいなことを言っていて、それはそれは腹落ちしたことがあった。

これイイでしょ!わたしってこうなの!と自分の内内を表現することのなんと恥ずかしいことよ。よもや、見下されたり揶揄されたり引かれたり見放されたり無視されたり晒されたりするかもしれない、すごい怖いじゃん。しかし一方で、もしかしたら尊敬されたり賞賛されたりいい気持ちになってもらえたり、隣の誰かの心を打つかもしれない。なんという諸刃の剣。

水面の下の下の下に沈んだ各々のフェティシズムの、どうしようもなさや吹っ切れ感やある意味での鈍感さなど、などのひどく硬くなった塊を目の当たりにして、ものすごく気持ち悪いと思うときもあれば、好き過ぎて身悶えすることもある。

描くもの、伝えるもの、選ぶもの、食べるもの、持つもの、纏うもの、字の形、箸の持ち方、話し方、匂いなど、もうその人から出てくるものは何をとっても、ナルシズムやフェティシズムの歪んだ結果でしかないのだから、あとリビドーもあるか、つまり生きるということはとにかく恥ずかしいの塊なのだから、もう気にすんなっていう話。

わたしいま、いいこと言った感あるよ。

on Apr 26, 2016 / in 思考

新着記事

NEW on May 10, 2020

人影待ち

わたしの東京コントラストは、そもそもが人のいない時間や場所を選んで撮っていたので、コロナ前後であまり変化がないのだけれど。それにしても、それにしてもだ。この東京で、シュートのために人影を待つことになろ...

NEW on May 4, 2020

平和ボケ

ここ何日か、ブログを書いては消し、書いては消して、また書いている。 書けないことがだいぶストレスなのだが、わたしが書けないということは、つまり感傷がないのだ。非常事態宣言が発令されてるこんな最中...

NEW on Apr 5, 2020

インスタが続かない

インスタがぜんぜん続かない。投稿してはザバッと消してを幾度となく繰り返し、その幾度目かのスタートラインに懲りもせずまた立ってる。 ツイッターと違って、インスタは各アカウントのブランドがより強く際...

NEW on Apr 5, 2020

孤高のシューター

コロナがオーバーシュートするかもしないかもな瀬戸際で、東京都は都民へ外出自粛を要請中。よもや首都封鎖、ロックダウンといったワードまで。なにそれもう映画じゃん。レインボーブリッジ封鎖できませぇん!などと...

NEW on Feb 1, 2020

初・MRI

とんでもなく頭痛がきてる。以前からあったような気もするが、いやどうにも尋常でない気がする。気だけのような気もする。とにかく気がしまくっている。もうまったく仕事が手につかないので、この世の終わりみたいな...

NEW on Jan 5, 2020

ポイ活

近所迷惑もかえりみず、朝からでっかい声で「うあああああ明日で冬休みが終わっちゃうよおおおお!!!」と騒いでいたら、「え・・・?おま・・・今日までだよ・・?」と言われて、本当に膝から崩れおちました。そん...