燃えるまるちょう

on Mar 27, 2012 / in 思考

iPhone 4

まるちょう。ちょうって言うからには、腸らしいよ。

向かいの席に座っていたのは中国人らしきファミリーで、いちばん手前に鎮座するグランマとたびたび目が合うんだけど、何故ってあたしはそっちのテーブルが気になるし、グランマはこっちのテーブルが気になるし、しかし干渉しないのは暗黙の了解であり。ここにもまた、見えない国境みたいなラインがありましたよね。焼肉屋において。

いいえ。国境なんてものは初めからどこにも無かったわ。
ここにあったのは、ただの通路だったわ。


Recent Posts

NEW on Feb 25, 2018

2018東京マラソン撤収...

iPhone 6s まだ走ってるかなーと見に行ったけど、いやまあどこから始ま...

NEW on Feb 24, 2018

植物鑑定人「気に入った...」!「ジョジ...

iPhone 6s 「ロカカカ」の実を採取すべく、接ぎ木を判別できる植物鑑定人に...

NEW on Feb 22, 2018

薄める...

iPhone 6s 場が濃くなっていくと、次第に反発して薄めようとする力が働いて...

NEW on Feb 19, 2018

マンガの神様。手塚治虫特集「Pen」を買...

iPhone 6s わたしと手塚治虫作品との出会いは、このとき書いたとおりである...

NEW on Feb 18, 2018

どうしても肉が食べたい!2回目の「いきな...

iPhone 6s どうしたもんだが、先週から肉が食べたくて食べたくて、しかも肉...

NEW on Feb 17, 2018

カキン王位継承戦勃発。「HUNTER×H...

iPhone 6s 2018年2月2日に発売していたらしい。前回どこまで行ったっ...

Similar posts

昼間ビールの弊害

74億分の2

ラテアートで平和

草間彌生氏の水玉かぼちゃが浮かぶGINZA SIX

東京喰種トーキョーグールからの、凛として時雨

コンバースTOKYOのスターポーチ

神田「庄之助」の大福と麩まんじゅう

ヘラヘラのわけ

2018東京マラソン撤収

ドライイチジクのクリームチーズが食べた過ぎて、ニホンバシ・ブルワリー再び

台風の投票日

たねやのしょうゆ焼餅、再び