隔離部屋

on Mar 7, 2019

そういうアレとは無縁に過ごしてきたこの半生、ねえ、根拠のない自信に溢れまくっていたこのわたしがよ?ああ、まったく、世間の大流行どまんなか、いやもう終わってる?知らんけど、みたいな取り残されのタイミングで、まんまとインフルエンザにかかっておりました。いやあ、はっはっは、死ねるね。朦朧が半端なく、悪夢は見るし、確実に具合が悪い。

病院で処方されたのは、ゾフナールという1回飲むだけで瞬く間に熱が下がるという魔法のケミカル。ありがとう。1回でいいってすごくない?2019年って感じする。

発症から5日間または解熱から2日間は「出社(出席)停止」とかいうパンデミック防止な一般常識のおかげで、とんでもなくニートを満喫中。すごい。部屋から出ないし、ご飯は買ってきてもらえるという。あ、一応言っとくけど、めちゃくちゃ辛いからね?(最初の2-3日は!)

朦朧もおさまったところで、さて。寝たり漫画読んだり寝たり漫画読んだり。1日はいつ始まっていつ終わるんだったっけ?あんなにも熱望していた「時間」がやってきたというのに、もしかして、まさかの暇。

18歳なのかもしんないこれも夢なのかな。

on Mar 7, 2019 / in ライフスタイル

この記事をシェア