恋する2人と「ラチエン通りのシスター」

on Aug 23, 2018

帰り道。人はおらず、長い長い駅のエスカレーターに揺られていた。たまにこういう日があって激しく嬉しい。

ふと前を見ると20代前半くらいな若々しいカップルがいた。2人はそっと抱きついたり離れたり、急に走り出したり戻ってきたり、満面の笑みで見つめあったかと思えば2つ並んだ同方向のエスカレーターを別々に乗って、真ん中で手を繋いだり離したりしていた。

ああこれ、知ってる。少女漫画かなにかの実写だな。ってわたしはもうエスカレーターの手すりに頬杖ついてじっと見ちゃったよね。

そのときわたしのイヤホンから流れてきたのは「ラチエン通りのシスター」であった。聴いて。すげい良いから。

この世界には、恋する2人と不審なわたしがいて、たったそれだけが映画になるような気がした。不審なわたしが余計だわ。

on Aug 23, 2018 / in 音楽

この記事をシェア