絶望という名の幸せ

on Sep 21, 2017 / in 思考

iPhone 6s

小さい頃に存在していた正しい世界は、大人たちがなんとなく作り上げた、ただの虚構だった。

と、少しずつ絶望しながら、それとまったく同じ大人になっていく幸せ。きっと死ぬときは、完全に絶望し、そしてそこが幸福の絶頂なのだろう。

お誕生日おめでとう、世界は正しくなかったと気付きながら歳をとっていく、わたし。

Recent Posts

NEW on Oct 17, 2017

まさか筋肉の目覚め...

iPhone 6s わたしは一生、筋肉のことは無視して暮らしていくのだとおもって...

NEW on Oct 14, 2017

王様と猫...

iPhone 6s うちには、ぶどうの皮を剥かない王様と、ソファーから動かない猫...

NEW on Oct 10, 2017

まるちゃんの背中...

iPhone 6s 検証機にでもなるかしら、と5年前に買ったiPhone5を気ま...

NEW on Oct 9, 2017

時空を超えた名作「クロノ・トリガー」をク...

iPhone 6s この夏はじめたクロノトリガーですが、ようやっとクリアできまし...

NEW on Oct 3, 2017

夏休みの匂い...

iPhone 6s 窓を開けっ放しだった寝室から、夏休みの匂いがする。こうし...

NEW on Oct 2, 2017

なんという梅干し好きホイホイ!立ち食い梅...

iPhone 6s 先週のはなしですけど、コレド室町で梅干しのイベントやってるっ...

Similar posts

夏休みの匂い

まるちゃんの背中

どんぐりの舌

まさか筋肉の目覚め

さよなら2016

時空を超えた名作「クロノ・トリガー」をクリアした

褒められた

健全の余地

撫でられるとき

定時退社で走って走って

魔性な冬の赤

ぬるま湯に沈んでいくノスタルジー