地に足ついた猫愛が参考になる良書。「二度と後悔しないネコの飼い方」を読んだ

on Jun 12, 2017 / in エッセイ,

RICOH GR

うちの実家にいた二匹の猫は、ほとんど母上が飼っていたようなもので、猫たちはわたしや弟と何も違わずわがまま放題、自由気ままに暮らしていた。そういう意味でわたしと猫はだいたい同列の生き物であったので、わたしは猫と一緒に暮らしたことはあっても、飼ったことはない。

この本は、そんな初心者なわたしにベストな良書であった。うちにいた猫たちを思い出すただのノスタルジーか、あるいは作者さんの知に足ついた猫愛か、泣けてくる。もちろん、実際の生活においてものすごく参考になるような描写が多い。

いつか、かわいがっていたネコとの悲しい別れが来ても、決して後悔しないネコの飼い方とはどのようなものなのか、自分の経験を踏まえて綴ったものです。

今後、わたしは猫氏と暮らせるのであろうか。のんびりまったり乞うご期待なのだ。

Recent Posts

NEW on Aug 14, 2017

レアポケモン発生イベント中の横浜みなとみ...

iPhone 6sアンノーンとバリアード目当てに、横浜みなとみらいへ。ピカチューが...

NEW on Aug 13, 2017

お盆の水滴新幹線...

iPhone 6sおー雨降って来たやん。 iPhone 6s 速さで水滴消...

NEW on Aug 5, 2017

第69回(2017年)毎日書道展へ行った...

iPhone 6s 毎年恒例、母上と教室のおねえさんたちと見て回ってきた。わたし...

NEW on Jul 29, 2017

メモ魔のボーダーライン...

iPhone 6s ‪わたしはけっこうなメモ魔ですが、デジタルにしろアナログにし...

NEW on Jul 19, 2017

ドライイチジクのクリームチーズが食べた過...

iPhone 6s 先日行ったクラフトビール屋「ニホンバシ・ブルワリー」ですが、...

NEW on Jul 19, 2017

量産型の他人...

iPhone 6s どこにでもいる、他人はある種のわたしだ。いやわたしの量産が他...

Similar posts

ゴールデンなウィークが終わる

みんな同じ感傷

メモ魔のボーダーライン

先生は自由だ

魔性な冬の赤

夜で雨で自由

死の匂い

安定の寿司ランチ

情緒の写真

ヘラヘラのわけ

鼻に突っ込んでスースーさせるタイの定番お土産

台風の夜