地に足ついた猫愛が参考になる良書。「二度と後悔しないネコの飼い方」を読んだ

on Jun 12, 2017 / in エッセイ,

RICOH GR

うちの実家にいた二匹の猫は、ほとんど母上が飼っていたようなもので、猫たちはわたしや弟と何も違わずわがまま放題、自由気ままに暮らしていた。そういう意味でわたしと猫はだいたい同列の生き物であったので、わたしは猫と一緒に暮らしたことはあっても、飼ったことはない。

この本は、そんな初心者なわたしにベストな良書であった。うちにいた猫たちを思い出すただのノスタルジーか、あるいは作者さんの知に足ついた猫愛か、泣けてくる。もちろん、実際の生活においてものすごく参考になるような描写が多い。

いつか、かわいがっていたネコとの悲しい別れが来ても、決して後悔しないネコの飼い方とはどのようなものなのか、自分の経験を踏まえて綴ったものです。

今後、わたしは猫氏と暮らせるのであろうか。のんびりまったり乞うご期待なのだ。

Recent Posts

NEW on Oct 17, 2017

まさか筋肉の目覚め...

iPhone 6s わたしは一生、筋肉のことは無視して暮らしていくのだとおもって...

NEW on Oct 14, 2017

王様と猫...

iPhone 6s うちには、ぶどうの皮を剥かない王様と、ソファーから動かない猫...

NEW on Oct 10, 2017

まるちゃんの背中...

iPhone 6s 検証機にでもなるかしら、と5年前に買ったiPhone5を気ま...

NEW on Oct 9, 2017

時空を超えた名作「クロノ・トリガー」をク...

iPhone 6s この夏はじめたクロノトリガーですが、ようやっとクリアできまし...

NEW on Oct 3, 2017

夏休みの匂い...

iPhone 6s 窓を開けっ放しだった寝室から、夏休みの匂いがする。こうし...

NEW on Oct 2, 2017

なんという梅干し好きホイホイ!立ち食い梅...

iPhone 6s 先週のはなしですけど、コレド室町で梅干しのイベントやってるっ...

Similar posts

ゴールデンなウィークが終わる

みんな同じ感傷

メモ魔のボーダーライン

先生は自由だ

魔性な冬の赤

夜で雨で自由

死の匂い

安定の寿司ランチ

情緒の写真

ヘラヘラのわけ

鼻に突っ込んでスースーさせるタイの定番お土産

まさか筋肉の目覚め