地に足ついた猫愛が参考になる良書。「二度と後悔しないネコの飼い方」を読んだ

on Jun 12, 2017 / in エッセイ,

RICOH GR

うちの実家にいた二匹の猫は、ほとんど母上が飼っていたようなもので、猫たちはわたしや弟と何も違わずわがまま放題、自由気ままに暮らしていた。そういう意味でわたしと猫はだいたい同列の生き物であったので、わたしは猫と一緒に暮らしたことはあっても、飼ったことはない。

この本は、そんな初心者なわたしにベストな良書であった。うちにいた猫たちを思い出すただのノスタルジーか、あるいは作者さんの知に足ついた猫愛か、泣けてくる。もちろん、実際の生活においてものすごく参考になるような描写が多い。

いつか、かわいがっていたネコとの悲しい別れが来ても、決して後悔しないネコの飼い方とはどのようなものなのか、自分の経験を踏まえて綴ったものです。

今後、わたしは猫氏と暮らせるのであろうか。のんびりまったり乞うご期待なのだ。


Recent Posts

NEW on Jan 9, 2018

字・サービスうな重...

iPhone 6s 字が... iPhone 6s 字が、か...

NEW on Jan 8, 2018

指の癖...

iPhone 6s 中指を薬指の後ろに回して交差させるのが癖。 i...

NEW on Jan 7, 2018

たったひとり、夜の新幹線を楽しむ方法...

iPhone 6s わたしの、たったひとりの新幹線の楽しみ方をご紹介します。...

NEW on Jan 5, 2018

忘れないは嘘...

iPhone 6s 夕焼けを見ながら笑って歩いた今日を、いつか忘れてしまう。さみ...

NEW on Jan 4, 2018

平静の1月4日...

iPhone 6s 電車はすいてて嬉しいけど、ねえ今日から平常運転で働くだな...

NEW on Jan 2, 2018

福袋の謎...

iPhone 6s 1月2日、道行く人々はみな三越の袋を提げ、初売りどうだっ...

Similar posts

ゴールデンなウィークが終わる

メモ魔のボーダーライン

たねやのしょうゆ焼餅、再び

夜で雨で自由

ヘラヘラのわけ

2017日本橋三越クリスマスツリーで王様気分

まさか筋肉の目覚め

スーツと鳩

情緒の写真

いつか赤いワンピース

量産型の他人

あとは眠るだけ