草間彌生展「わが永遠の魂」と強迫性なんとか

on Mar 16, 2017 / in アート

iPhone 6s

前衛の女王、今もなおトップに君臨し続ける草間彌生氏の作品を見に、乃木坂の新国立美術館へ行った。

iPhone 6s

iPhone 6s

iPhone 6s

iPhone 6s

入場してすぐの広いスペースでは、サイケでポップなアートが携帯限定で撮り放題。なぜコンデジはダメなのか、と混乱するけど、とにかくそんな制約らしい。
しかし、草間氏の真の髄は写真NGの部屋にある。

もうはっきりとよくわからないのだけど、人様の強迫性なにがしをただただ眺めるという、この美術鑑賞の構図まるっと含めての芸術なのではないか。今がまさに壮大なステージなのではないか。と、わたしの卑しい心は、冷静さと偽ってただ斜に構えただけの気持ちを掴んで離さない。離せ離せ、早いとこ。

もう病的なほどの、果てしない時間と想像できない気概を前に、畏怖の中に愛おしい気持ちが湧いてくる。感嘆だ。芸術って何かね。

iPhone 6s

みんなが好きにシールを貼れる部屋。楽しかった。

草間彌生 – Wikipedia

草間彌生展「わが永遠の魂」

Recent Posts

NEW on Nov 20, 2017

たねやのしょうゆ焼餅、再び...

iPhone 6s このときハマった、たねやのしょうゆ焼餅ですが、もう一度...

NEW on Nov 15, 2017

おはよう246...

iPhone 6s 電車止まって駅間歩くとか、朝からどんだけ爽やか演出だよ...

NEW on Nov 14, 2017

錯覚のループ...

iPhone 6s 今が一生続くんじゃないかという錯覚にとらわれて、延々とルー...

NEW on Nov 9, 2017

冬の毛並みに着替えたい...

iPhone 6s ふわふわで、もこもこで、すべすべで、カラフルなやつ。 ...

NEW on Nov 5, 2017

耳栓をくれ...

iPhone 6s ゆっくりしたくてお茶しにきてんのに、となりのババァがまじ超...

NEW on Nov 3, 2017

たねやのしょうゆ焼餅...

iPhone 6s 香ばしいしょうゆ味の荒目の餅のなかにこし餡が入ってる。 ...

Similar posts

草間彌生氏の水玉かぼちゃが浮かぶGINZA SIX

黄金のみち

夢喰いに献上ディナー

いつまで使うの

凛として時雨 「鮮やかな殺人」を聴いてる

量産型の他人

無題の妄想

ヘラヘラのわけ

台風の投票日

ヌードの写真

懐かしくておしゃれな支那そば。三越前「なな蓮」

甘酸っぱい採血