映画「怒り」を見た

on Sep 19, 2016 / in 映画

iPhone 6s

昨日に原作を読み終えたほやほや状態で、朝一に映画版「怒り」を見て参りました。

本当ほやほやなもんだから、序盤も序盤の渡辺謙氏が演じる洋平が歌舞伎町へ向かうシーンで、わたしはもう泣いていた。渡辺謙、まじですげえ。
それに、宮崎あおい氏が差し出すイヤフォンからのプールパーティの流れとか、あれ?やばいよ上手くない?もしかしてこの映画、上手くない?である。演者のみなさんも生々しくて良かった。

映画用にいいかんじに端折っていたけど、エンディングの犯人のところ1点だけ、映画の方は割とドラマチックになっていたが、そこは原作の方がよかったかなあ、と思いました。

なんか本当、邦画が見たいときがある。というわけで、今Huluで「悪人」見ながらこのブログを書いている。いやはや、2作通じて妻夫木くん上手くない?である。

吉田修一(著)「怒り」を読んだ

吉田修一(著)「悪人」を読んだ

Recent Posts

NEW on Sep 25, 2017

ピンクの部屋...

iPhone 6s サイケデリックが懐かしい雰囲気。...

NEW on Sep 24, 2017

千秋楽 満員御礼...

iPhone 6s 相撲のことはまるでわからんが、土俵際に研ナオコ氏が映って...

NEW on Sep 24, 2017

閉めて下さい...

iPhone 6s あっ...

NEW on Sep 24, 2017

74億分の2...

iPhone 6s 世界74億人のうちの、たった2人のはなし。...

NEW on Sep 21, 2017

絶望という名の幸せ...

iPhone 6s 世界は正しくなかったと、気付きながら歳をとっていく。 ...

NEW on Sep 18, 2017

敬老の日に、千疋屋のオーロラブラック...

iPhone 6s おや?今日って敬老の日じゃねーの?年寄りたちになんか送りつけ...

Similar posts

投稿時にURLを入力するだけでwordpressブログカードが表示できる!

とらやの花びら餅はずっしりボリューミー

5月の桜

映画「君の名は。」を見た

「コンビニ人間」を読んだ

鼻に突っ込んでスースーさせるタイの定番お土産

我慢できない!ニューバランス黒M1400BKS

カリオストロの城のクラリスに学ぶ

JIMMY CHOO/ジミーチュウの黒スエードヒール8.5cm

ぬるま湯に沈んでいくノスタルジー

絶望という名の幸せ

千秋楽 満員御礼