幻術の夕暮れ

on Jun 28, 2016 / in 思考

iPhone 6s

昔、住んでた家のまわりを、どこまでもどこまでも散歩する夕暮れがあった。永遠と無駄話をし続けながら、少し道に迷ったりして、まるで誰かの幸せな幻術にかかってるみたいな、空気の温度がちょうど良すぎる、いつまでも日の暮れない夕暮れであった。
夜、ショーウインドウの中の提灯を見たら、その夕暮れを思い出した。そんな気持ちの良い空気のことを、今の今まで忘れてしまっていたんだなあ、とすごく悲しくなった。

Recent Posts

NEW on Jun 26, 2017

ヘラヘラのわけ...

iPhone 6s こちらが笑ったから向こうも笑ったのであって、感情は空気中で伝...

NEW on Jun 18, 2017

たまにいく星野珈琲...

RICOH GR ごくたまに。...

NEW on Jun 12, 2017

地に足ついた猫愛が参考になる良書。「二度...

RICOH GR うちの実家にいた二匹の猫は、ほとんど母上が飼っていたようなもの...

NEW on Jun 12, 2017

縮毛矯正してデジパ...

iPhone 6s ヘアケアめんどくさい梅雨がやってきましたよもー本当みなさんお...

NEW on Jun 11, 2017

美肌まっしぐら。SABON(サボン)のス...

iPhone 6s SABONといえば、なんといってもボディスクラブ。あのスクラ...

NEW on Jun 10, 2017

お腹下しの真の恐怖は...

iPhone 6s 突然の腹痛に見舞われたのは、そろそろ会社を出ようかという20...

Similar posts

撮って撮られて

朦朧の予感

昨日の北の丸公園 #ポケモンGO

撮りたい気持ち

死の匂い

ドレスコーズの「Ghost(ゴースト)」を聞いてるんだベイベー

ヘラヘラのわけ

思い出さない年の瀬

草間彌生氏の水玉かぼちゃが浮かぶGINZA SIX

先生は自由だ

今日の終わり

なんにでも日付を