幻術の夕暮れ

on Jun 28, 2016 / in 思考

iPhone 6s

昔、住んでた家のまわりを、どこまでもどこまでも散歩する夕暮れがあった。永遠と無駄話をし続けながら、少し道に迷ったりして、まるで誰かの幸せな幻術にかかってるみたいな、空気の温度がちょうど良すぎる、いつまでも日の暮れない夕暮れであった。
夜、ショーウインドウの中の提灯を見たら、その夕暮れを思い出した。そんな気持ちの良い空気のことを、今の今まで忘れてしまっていたんだなあ、とすごく悲しくなった。

Recent Posts

NEW on Sep 25, 2017

ピンクの部屋...

iPhone 6s サイケデリックが懐かしい雰囲気。...

NEW on Sep 24, 2017

千秋楽 満員御礼...

iPhone 6s 相撲のことはまるでわからんが、土俵際に研ナオコ氏が映って...

NEW on Sep 24, 2017

閉めて下さい...

iPhone 6s あっ...

NEW on Sep 24, 2017

74億分の2...

iPhone 6s 世界74億人のうちの、たった2人のはなし。...

NEW on Sep 21, 2017

絶望という名の幸せ...

iPhone 6s 世界は正しくなかったと、気付きながら歳をとっていく。 ...

NEW on Sep 18, 2017

敬老の日に、千疋屋のオーロラブラック...

iPhone 6s おや?今日って敬老の日じゃねーの?年寄りたちになんか送りつけ...

Similar posts

撮って撮られて

朦朧の予感

昨日の北の丸公園 #ポケモンGO

撮りたい気持ち

死の匂い

ドレスコーズの「Ghost(ゴースト)」を聞いてるんだベイベー

ヘラヘラのわけ

思い出さない年の瀬

草間彌生氏の水玉かぼちゃが浮かぶGINZA SIX

先生は自由だ

今日の終わり

なんにでも日付を