揺蕩った日の音楽

on Jun 15, 2016 / in 思考

iPhone 6s

いつぞやわたしは会社を転職したのだが、その辞める/辞めないしていた少しの時間に、寝ても冷めてもサカナクションを聴いていた。

特に「アイデンティティ」の

どうして
時が経って
時が経って
そう僕は気がついたんだろう?

が身にしみすぎて、そんな奴はごまんといるのだろうよ、とサカナクションを尊敬する。

甘くて尖って、神経にまで届いて麻痺して朦朧として、波に揺蕩うその間、まるで夢を見ていたみたいなむし暑い日に、階段を降りていく様をじんわり思い出すのだった。

0

Recent Posts

NEW on Apr 26, 2017

なんとかなんない...

iPhone 6s 日曜日のお習字練成会。もう今日の今日まで足腰が筋肉痛だもんで...

NEW on Apr 16, 2017

あとまわ死...

iPhone 6s なんもかんも、あとでやろうと思っているうちに、桜は散るし、歳...

NEW on Apr 12, 2017

夜で雨で自由...

iPhone 6s ここにいるのも自由だし、いないのも自由。撮るのも撮らないのも...

NEW on Apr 11, 2017

さよならnot category...

iPhone 6s はげしくどうでもいいんだけど、いやいやわたしのなかでは長らく...

NEW on Apr 10, 2017

雨上がりのピンク...

iPhone 6s 日曜雨上がりの夕方に、ピンクでライトアップされた桜の木の下を...

NEW on Apr 9, 2017

雪みたいに...

iPhone 6s 朝起きたら、あたりいちめん桜に覆われて真っ白になってたらいいのに...

Similar posts

一人の重み

さよなら1秒

IPSAで通販

鼻に突っ込んでスースーさせるタイの定番お土産

健全の余地

幸せのカルマ

みんな同じ感傷

三井記念美術館「北大路魯山人の美 和食の天才」を見た

煙草の薬剤師

ドレスコーズの「Ghost(ゴースト)」を聞いてるんだベイベー

ティッシュまみれでコーヒー

身軽のワード