揺蕩った日の音楽

on Jun 15, 2016 / in 思考

iPhone 6s

いつぞやわたしは会社を転職したのだが、その辞める/辞めないしていた少しの時間に、寝ても冷めてもサカナクションを聴いていた。

特に「アイデンティティ」の

どうして
時が経って
時が経って
そう僕は気がついたんだろう?

が身にしみすぎて、そんな奴はごまんといるのだろうよ、とサカナクションを尊敬する。

甘くて尖って、神経にまで届いて麻痺して朦朧として、波に揺蕩うその間、まるで夢を見ていたみたいなむし暑い日に、階段を降りていく様をじんわり思い出すのだった。

Recent Posts

NEW on Sep 25, 2017

ピンクの部屋...

iPhone 6s サイケデリックが懐かしい雰囲気。...

NEW on Sep 24, 2017

千秋楽 満員御礼...

iPhone 6s 相撲のことはまるでわからんが、土俵際に研ナオコ氏が映って...

NEW on Sep 24, 2017

閉めて下さい...

iPhone 6s あっ...

NEW on Sep 24, 2017

74億分の2...

iPhone 6s 世界74億人のうちの、たった2人のはなし。...

NEW on Sep 21, 2017

絶望という名の幸せ...

iPhone 6s 世界は正しくなかったと、気付きながら歳をとっていく。 ...

NEW on Sep 18, 2017

敬老の日に、千疋屋のオーロラブラック...

iPhone 6s おや?今日って敬老の日じゃねーの?年寄りたちになんか送りつけ...

Similar posts

絶望という名の幸せ

さよなら1秒

鼻に突っ込んでスースーさせるタイの定番お土産

健全の余地

ぬるま湯に沈んでいくノスタルジー

地に足ついた猫愛が参考になる良書。「二度と後悔しないネコの飼い方」を読んだ

みんな同じ感傷

コンバースTOKYOのスターポーチ

耳当てが取れた。BOSEサウンドリンクのオンイヤーヘッドホン

煙草の薬剤師

ドレスコーズの「Ghost(ゴースト)」を聞いてるんだベイベー

ティッシュまみれでコーヒー