このタイミングでiPhone6s。いまだかつてないほどのローテンション機種変

on Jun 13, 2016

iPhone 6s

ええ、はい。いつかやると思っていました。

こう見えて(いや何も見えてないけど)わたしは我が家の、雑さナンバーワン選手である。とにもかくにも雑さオブクイーン、トップオブザ雑、などなどもうありとあらゆる‘雑さ’の頂点を極め続けて、そしてその都度怒られ続けている、性懲りも無いただの我が家の雑な人。そいつがついにやりました。

iPhone 6s

ア!イ!フ!ォ!ン!水!没!

つるっと滑って、スローモーションで洗面台の水たまりへ落ちていく、わたしのかわいいiPhone6がああああああああ!!!嘘でしょおおおおおおお!

そう。それは昼間に会社で起こったのだが、本件わたしは誰に言うともなく、ただもう時が過ぎるのをひたすら待って、定時4分後に会社をあとにした。このときの集中力すさまじい。と自分で言うのもあれですけど、いや別に、仲良い人がいないとか、そ、そんなんじゃないんだからね!あはははは!あはは・・!

iPhone 6s

アップルストアに行くかドコモショップに行くかしばし迷ったけれど、普段ほとんど電話なんて使わないにも関わらず、電話が使えないのはアレだしなーということで近場のドコモショップへ向かう。
そして・・・、なんやかんやでiPhone6だったわたしは、iPhone6sへ機種変することになりました。いや、たぶんこれ以外にもいろんな解決方法があったと思う。たぶんね?たぶんよ。でもさー、水没したショックと会社での謎の集中力により思考回路は麻痺していたよね。白目に上の空でドコモカウンターに座ってごらんなさいよ。そりゃもうドコモのお姉さんたちは大変に手厚く対応してくださったが、わたしの気持ちはまるでアガらない。いや、だって水没してるし今日のお昼に。水没だよ水没。と、本来楽しいはずの機種変が、いまだかつてないほどのローテンションである。半端ない被害者意識と、この気の乗らなさ。自業自得を完全に置き去りにしてるあたり、こいつ再犯の可能性あるな、と感じさせるものがある。こ、怖いよ。自分のことながら。

iPhone 6s

家に帰ってから、相方ちんに顛末を話すと「iPhone6sってことはさーあ、動く写真が撮れるってことじゃーん!すげーいーじゃーん!」とノリノリである。おや・・・?おやおや・・・?うん、うんそうそう、そうなのそうなの。すごいよね。機種変したんだよ、うんうんうん、とわたしは徐々に取り戻していく。なんという他力本願。ここまでくると才能か。ありがとうございます。iPhone6sをこれから楽しんでいきますわーい。

それから改めて、わたしはiCloudの手軽さに感動。「iCloudで同期する」ボタン一発で8割方の同期が完了するってすごくないですか。まじですか。音楽もアプリもメールアカウントも、もう入ってんじゃーん!いえーーい!あとはちまちまパスワードを入れていくだけ、あっという間に復活だぜえええー!と。なんつーか、、、おい?さっきのローテンションどこいったよ?あとさあ、お金もそこそこかかってるんだよ?忘れちゃったのかな?と、直近まで見えてた反省の色がすでに霞んで見えなくなりそう。ああもしかしてこいつ本当に二度目の水没やりかねないな、とまじめに不安入りまじる梅雨の序盤であった。

iPhone 6s

あと、ドコモでの機種変なので、これやらないと。忘れずに。

on Jun 13, 2016 / in iPhone

この記事をシェア

新着記事

NEW on Sep 19, 2018

たまにもらえる「良く出来ました」

iPhone 6s 嬉しい。...

NEW on Sep 12, 2018

何でもないバッグ

iPhone 6s とにかくもう、何でもない、ただの超シンプルな皮のトートバッグが欲しくてですね。こうなんていうか、一生使っていきたい的なやつ。何の小細工も効かせてないやつ。あるよねー、マー...

NEW on Sep 10, 2018

雨の日の白

iPhone 6s こんな雨の日に白い靴なんて履いてるの、わたしくらいなもんかと思ってたけど全然、前に座る2人も白かった。...

NEW on Sep 8, 2018

中二が満載の腱鞘炎

iPhone 6s 右手首が痛くって、ああこれ噂の腱鞘炎てやつなんじゃないか、とか思ってるところに、極め付けウォーターサーバーをおりゃーと入れ替えたらグッキリやったぽくて、なんだよもう、...

NEW on Sep 5, 2018

えっ、私ですか?

iPhone 6s fly-g「20分たったら教えて〜」 siri「えっ、私ですか?」 ちょ、、 教えてくんない他人行儀なsiriであった。 そのあともう一回話しかけたら、タ...

NEW on Aug 23, 2018

恋する2人と「ラチエン通りのシスター」

帰り道。人がほとんどいないタイミングで、駅の長い長いエスカレーターに揺られていた。ふと前を見ると20代前半か、ジャケなしスーツのメンズと膝丈ワンピースの女子の若々しいカップルがいた。2人は...