三井記念美術館「北大路魯山人の美 和食の天才」を見た

on May 7, 2016

iPhone 6

土曜日だけど午前中ならすいているのでは!と北大路魯山人の陶磁器を見に三井記念美術館へ行った。

天才の思考はよくわからないけれど、とにかくこれらの展示品、単純にすごく欲しいよね。
和菓子や漬物、焼き魚や刺身を器に置いたさまを空想しながら、ほうほうと展示をまわった。

ここにある食器や花器は、もう一生その役割を果たすことはないのだろうか。日常のただの1シーンとして、この器を手にとってごはんを食べたり、この椀で汁をすすってみたりなどしてみたい。それこそが完成形なはずだよね。

北大路魯山人 – Wikipedia
北大路魯山人の美 和食の天才 – 三井記念美術館

on May 7, 2016 / in アート

この記事をシェア

新着記事

NEW on Sep 19, 2018

たまにもらえる「良く出来ました」

iPhone 6s 嬉しい。...

NEW on Sep 12, 2018

何でもないバッグ

iPhone 6s とにかくもう、何でもない、ただの超シンプルな皮のトートバッグが欲しくてですね。こうなんていうか、一生使っていきたい的なやつ。何の小細工も効かせてないやつ。あるよねー、マー...

NEW on Sep 10, 2018

雨の日の白

iPhone 6s こんな雨の日に白い靴なんて履いてるの、わたしくらいなもんかと思ってたけど全然、前に座る2人も白かった。...

NEW on Sep 8, 2018

中二が満載の腱鞘炎

iPhone 6s 右手首が痛くって、ああこれ噂の腱鞘炎てやつなんじゃないか、とか思ってるところに、極め付けウォーターサーバーをおりゃーと入れ替えたらグッキリやったぽくて、なんだよもう、...

NEW on Sep 5, 2018

えっ、私ですか?

iPhone 6s fly-g「20分たったら教えて〜」 siri「えっ、私ですか?」 ちょ、、 教えてくんない他人行儀なsiriであった。 そのあともう一回話しかけたら、タ...

NEW on Aug 23, 2018

恋する2人と「ラチエン通りのシスター」

帰り道。人がほとんどいないタイミングで、駅の長い長いエスカレーターに揺られていた。ふと前を見ると20代前半か、ジャケなしスーツのメンズと膝丈ワンピースの女子の若々しいカップルがいた。2人は...