映画「スポットライト 世紀のスクープ」を見た

on May 6, 2016 / in 映画

iPhone 6

ここ最近、映画館へ足を運ぶといえばザッツエンターテイメント!ヒューヒュー!みたいな映画ばかりだったので、たまには社会派ドラマを。
世界を震撼させた新聞社の大スクープの実話だってんだから、わたしの薄っぺらいジャーナリズムだってそれなりに黙ってはいられない。

映画はあくまで淡々と、おそろしい描写がないのがよけいにリアリティを増す。真相に近づくにつれてパズルのピースがはまっていく心地よさと同時に訪れるとんでもない絶望。被害にあわなかったのは自分たちがただただ運が良かったから、という紙一重の世界に住んでいた自覚の恐怖。

神様には逆らえない

というセリフに背筋が凍った。
正しい側につけ、とロビーは言う。それができれば世界はもっとクリーンなはずなんだけど。

真実は突然やってくるわけでなく、いつでもすぐそこにあって、そこを明るく照らすためには、地道な努力とタイミング、それから人との関係や興味関心、そして怯まない正義が必要だなんだなあ。
わたしはその役割を果たすことができるだろうか、と考えさせられる。いつだって正しい側にいたいよ。

スポットライト 世紀のスクープ

Recent Posts

NEW on Sep 25, 2017

ピンクの部屋...

iPhone 6s サイケデリックが懐かしい雰囲気。...

NEW on Sep 24, 2017

千秋楽 満員御礼...

iPhone 6s 相撲のことはまるでわからんが、土俵際に研ナオコ氏が映って...

NEW on Sep 24, 2017

閉めて下さい...

iPhone 6s あっ...

NEW on Sep 24, 2017

74億分の2...

iPhone 6s 世界74億人のうちの、たった2人のはなし。...

NEW on Sep 21, 2017

絶望という名の幸せ...

iPhone 6s 世界は正しくなかったと、気付きながら歳をとっていく。 ...

NEW on Sep 18, 2017

敬老の日に、千疋屋のオーロラブラック...

iPhone 6s おや?今日って敬老の日じゃねーの?年寄りたちになんか送りつけ...

Similar posts

ヌードの写真

2017この夏「クロノ・トリガー」冒険中

ゴールデンなウィークが終わる

唯一の人

情緒の写真

量産型の他人

先生は自由だ

Googleの2016

聞いてないの遺伝子

ヘラヘラのわけ

安定の寿司ランチ

カリオストロの城のクラリスに学ぶ