映画「スポットライト 世紀のスクープ」を見た

on May 6, 2016 / in 映画

iPhone 6

ここ最近、映画館へ足を運ぶといえばザッツエンターテイメント!ヒューヒュー!みたいな映画ばかりだったので、たまには社会派ドラマを。
世界を震撼させた新聞社の大スクープの実話だってんだから、わたしの薄っぺらいジャーナリズムだってそれなりに黙ってはいられない。

映画はあくまで淡々と、おそろしい描写がないのがよけいにリアリティを増す。真相に近づくにつれてパズルのピースがはまっていく心地よさと同時に訪れるとんでもない絶望。被害にあわなかったのは自分たちがただただ運が良かったから、という紙一重の世界に住んでいた自覚の恐怖。

神様には逆らえない

というセリフに背筋が凍った。
正しい側につけ、とロビーは言う。それができれば世界はもっとクリーンなはずなんだけど。

真実は突然やってくるわけでなく、いつでもすぐそこにあって、そこを明るく照らすためには、地道な努力とタイミング、それから人との関係や興味関心、そして怯まない正義が必要だなんだなあ。
わたしはその役割を果たすことができるだろうか、と考えさせられる。いつだって正しい側にいたいよ。

スポットライト 世紀のスクープ

Recent Posts

NEW on Jun 26, 2017

ヘラヘラのわけ...

iPhone 6s こちらが笑ったから向こうも笑ったのであって、感情は空気中で伝...

NEW on Jun 18, 2017

たまにいく星野珈琲...

RICOH GR ごくたまに。...

NEW on Jun 12, 2017

地に足ついた猫愛が参考になる良書。「二度...

RICOH GR うちの実家にいた二匹の猫は、ほとんど母上が飼っていたようなもの...

NEW on Jun 12, 2017

縮毛矯正してデジパ...

iPhone 6s ヘアケアめんどくさい梅雨がやってきましたよもー本当みなさんお...

NEW on Jun 11, 2017

美肌まっしぐら。SABON(サボン)のス...

iPhone 6s SABONといえば、なんといってもボディスクラブ。あのスクラ...

NEW on Jun 10, 2017

お腹下しの真の恐怖は...

iPhone 6s 突然の腹痛に見舞われたのは、そろそろ会社を出ようかという20...

Similar posts

もしかして神

ヌードの写真

ゴールデンなウィークが終わる

反芻作業

唯一の人

情緒の写真

ノスタルジーの沼

先生は自由だ

Googleの2016

聞いてないの遺伝子

吉田修一(著)「怒り」を読んだ

ヘラヘラのわけ