世界を知らない

on Apr 23, 2016 / in 思考

iPhone 6

今日も楽しかった、今日も失敗した、ああすれば良かった、ああ言えばよかった、それから何もしなかった、と毎日思うけど、わたしはなんて幸せなんだ。そして世界を知らない。

例えばわたしが野良猫だったなら、それとも雀だったなら、いやいや虫だったなら、木の枝だったら、風だったなら、きっと人間がうらやましくてたまらない。一度でいいから人間にしてほしいと、心の底から願ったはずだ。

そうして叶った末に、わたしはいまここにいるのかもしれない。なんて幸せなんだ。忘れたくない。ずっと忘れたくない。死ぬまでずっと、いまの気持ちを忘れたくない。それなのに、記憶は波に揺られ遥か彼方まで流されて、誰にも見つからずにひっそりと、たまにその片鱗だけが浮かび上がってきても、それがなんだったかすら思い出せないほど遠くへ行ってしまう。これまでもずっとそうだった。

でも本当は、世界を知らない。

思春期ばりに夜更しをしている夜のBGMはこれ。泣いているのはナルシシズムのせいだよ。自己陶酔。

0

Recent Posts

NEW on Apr 16, 2017

あとまわ死...

iPhone 6s なんもかんも、あとでやろうと思っているうちに、桜は散るし、歳...

NEW on Apr 12, 2017

夜で雨で自由...

iPhone 6s ここにいるのも自由だし、いないのも自由。撮るのも撮らないのも...

NEW on Apr 11, 2017

さよならnot category...

iPhone 6s はげしくどうでもいいんだけど、いやいやわたしのなかでは長らく...

NEW on Apr 10, 2017

雨上がりのピンク...

iPhone 6s 日曜雨上がりの夕方に、ピンクでライトアップされた桜の木の下を...

NEW on Apr 9, 2017

雪みたいに...

iPhone 6s 朝起きたら、あたりいちめん桜に覆われて真っ白になってたらいいのに...

NEW on Apr 9, 2017

凛として時雨 「鮮やかな殺人」を聴いてる...

iPhone 6s メンズの高音ボイスってまるで知らないんだけど、Xジャパンかな...

Similar posts

ただ撮る写真

幻術の夕暮れ

殺戮少女が刈りまくる!カネコアツシ著「デスコ 1〜5」を読んだ

反芻作業

とらやの花びら餅はずっしりボリューミー

「コンビニ人間」を読んだ

今日の終わり

思い出さない年の瀬

変わらないの意味

ヌードの写真

我慢できない!ニューバランス黒M1400BKS

実家カオス