「殺戮にいたる病」を読んだ

on Apr 4, 2016 / in book

RICOH GR

アマゾンの内容説明には犯人の名前がしっかり書いてあるし、冒頭は犯人逮捕の情景からはじまる。読み始めてからも「この感じで大層などんでん返しって期待できるのだろうか?」と半信半疑であったが、もう最後の数ページがたまらない。え?ちょっと待って?ちょっと待って?の連続で、まあ全然待ってくれないのだが、もういいね?わかったね?の感じでまったく唐突に終了してしまう。ま、まじか!この取り残され感、たまらない。

アマゾンレビューにあるとおりの一部の残忍描写は薄目でやり過ごすとして、90年代の作品であるにもかかわらず今なお健在の理由がよくわかる。すごいねー。


殺戮にいたる病 (講談社文庫)

0

by fly-g

Thanks for reading :) うれしいです!

RSS
follow us in feedly

Recent Posts

NEW on Feb 12, 2017

投稿時にURLを入力するだけでwordpre...

iPhone 6s 自分のサイトの記事を引用したいとき、サムネイル付きのいい感じ...

NEW on Feb 11, 2017

月が見てる...

iPhone 6s カーテンの隙間から、満月を見てる。...

NEW on Feb 10, 2017

ティッシュまみれでコーヒー...

iPhone 6s 右に倣えの精神で絶賛流行中の風邪をひき、新しいティッシュ...

NEW on Feb 4, 2017

眠くて眠くて...

iPhone 6s 眠気覚しに家を出てコーヒーを飲みに来たけど、席に着いた途端に...

NEW on Jan 29, 2017

とんでもなく痛かった・・小顔効果に期待の「コ...

iPhone 6s 顔のむくみや老廃物を取ったら小顔になるんやでー!と天の声...

NEW on Jan 28, 2017

どんぐりの舌...

iPhone 6s 生ハム頬張りながら、「わーこれ、どんぐり食べて育った豚って感...

Similar posts

とらやの花びら餅はずっしりボリューミー

絵画の窓

ぜんかい人見知り

とんでもなく痛かった・・小顔効果に期待の「コルギ」

朦朧の予感

かすれない

「コンビニ人間」を読んだ

実家カオス

今週のお献立

ずうずうしいの壁

少し早起きして遠回りして会社に行くほど「ポケモンGO」

世界を知らない