「殺戮にいたる病」を読んだ

on Apr 4, 2016 / in 小説

RICOH GR

アマゾンの内容説明には犯人の名前がしっかり書いてあるし、冒頭は犯人逮捕の情景からはじまる。読み始めてからも「この感じで大層などんでん返しって期待できるのだろうか?」と半信半疑であったが、もう最後の数ページがたまらない。え?ちょっと待って?ちょっと待って?の連続で、まあ全然待ってくれないのだが、もういいね?わかったね?の感じでまったく唐突に終了してしまう。ま、まじか!この取り残され感、たまらない。

アマゾンレビューにあるとおりの一部の残忍描写は薄目でやり過ごすとして、90年代の作品であるにもかかわらず今なお健在の理由がよくわかる。すごいねー。


殺戮にいたる病 (講談社文庫)

0

Recent Posts

NEW on Apr 16, 2017

あとまわ死...

iPhone 6s なんもかんも、あとでやろうと思っているうちに、桜は散るし、歳...

NEW on Apr 12, 2017

夜で雨で自由...

iPhone 6s ここにいるのも自由だし、いないのも自由。撮るのも撮らないのも...

NEW on Apr 11, 2017

さよならnot category...

iPhone 6s はげしくどうでもいいんだけど、いやいやわたしのなかでは長らく...

NEW on Apr 10, 2017

雨上がりのピンク...

iPhone 6s 日曜雨上がりの夕方に、ピンクでライトアップされた桜の木の下を...

NEW on Apr 9, 2017

雪みたいに...

iPhone 6s 朝起きたら、あたりいちめん桜に覆われて真っ白になってたらいいのに...

NEW on Apr 9, 2017

凛として時雨 「鮮やかな殺人」を聴いてる...

iPhone 6s メンズの高音ボイスってまるで知らないんだけど、Xジャパンかな...

Similar posts

とらやの花びら餅はずっしりボリューミー

絵画の窓

とんでもなく痛かった・・小顔効果に期待の「コルギ」

ぜんかい人見知り

朦朧の予感

「コンビニ人間」を読んだ

実家カオス

今週のお献立

ずうずうしいの壁

少し早起きして遠回りして会社に行くほど「ポケモンGO」

「BLEACH(ブリーチ)74」を読んだ

映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」を見た