「殺戮にいたる病」を読んだ

on Apr 4, 2016 / in book

RICOH GR

アマゾンの内容説明には犯人の名前がしっかり書いてあるし、冒頭は犯人逮捕の情景からはじまる。読み始めてからも「この感じで大層などんでん返しって期待できるのだろうか?」と半信半疑であったが、もう最後の数ページがたまらない。え?ちょっと待って?ちょっと待って?の連続で、まあ全然待ってくれないのだが、もういいね?わかったね?の感じでまったく唐突に終了してしまう。ま、まじか!この取り残され感、たまらない。

アマゾンレビューにあるとおりの一部の残忍描写は薄目でやり過ごすとして、90年代の作品であるにもかかわらず今なお健在の理由がよくわかる。すごいねー。


殺戮にいたる病 (講談社文庫)

0

by fly-g

Thanks for reading :) うれしいです!

RSS
follow us in feedly

Recent Posts

NEW on Mar 27, 2017

毎朝ビスケット...

iPhone 6s もう毎朝毎朝こりもせず、スタバのバターミルクビスケットだ...

NEW on Mar 17, 2017

我慢できない!ニューバランス黒M1400BK...

iPhone 6s 春になるからスニーカーですね、とお財布の紐ゆるゆるで...

NEW on Mar 17, 2017

桜散らすインコ...

iPhone 6s 桜散ってるなあと木のそばへ寄ってみると、花びらがってレベ...

NEW on Mar 16, 2017

草間彌生展「わが永遠の魂」と強迫性なんとか...

iPhone 6s 前衛の女王、今もなおトップに君臨し続ける草間彌生氏の作品を見...

NEW on Mar 14, 2017

聞いてないの遺伝子...

iPhone 6s 「ねーねーわたし、人の話聞いてないってよく言われるのね」...

NEW on Mar 13, 2017

梅か桜か...

iPhone 6s 桜でしょうね。 でも言いたいし、迷いたい。いつでも誰か...

Similar posts

とらやの花びら餅はずっしりボリューミー

絵画の窓

ぜんかい人見知り

とんでもなく痛かった・・小顔効果に期待の「コルギ」

朦朧の予感

「コンビニ人間」を読んだ

実家カオス

今週のお献立

ずうずうしいの壁

少し早起きして遠回りして会社に行くほど「ポケモンGO」

世界を知らない

「BLEACH(ブリーチ)74」を読んだ