第52回(2016年)創玄展へ行った

on Mar 12, 2016 / in 思考

RICOH GR

今年も母上と見てきた創玄展。平日に行ったせいか、幾分お客さんは少なかった。やはり展覧会は空いているに限る。

RICOH GR

たまたま訪れた時間帯に、高野清玄先生の作品解説会があった。先生は、理事の先生たちの各作品をまわりながら「この先生は三鷹にお住まいで・・ この先生はサンバがとてもお好きで・・ 北海道の先生というのは総じてダイナミックな方多く・・ この先生は大変におばあちゃん子で・・」などといった、プチ情報をわんさかくっつけながら、解説しておられた。わたしは、マラソン解説をする松野増田明美を思い出していた。

RICOH GR

そして、フォトジェニックなシーンに遭遇。普段は、まっすぐを意識するわたしであったが、かまってられないシュートの瞬間である。

創玄展

Recent Posts

NEW on Jun 18, 2017

たまにいく星野珈琲...

RICOH GR ごくたまに。...

NEW on Jun 12, 2017

地に足ついた猫愛が参考になる良書。「二度...

RICOH GR うちの実家にいた二匹の猫は、ほとんど母上が飼っていたようなもの...

NEW on Jun 12, 2017

縮毛矯正してデジパ...

iPhone 6s ヘアケアめんどくさい梅雨がやってきましたよもー本当みなさんお...

NEW on Jun 11, 2017

美肌まっしぐら。SABON(サボン)のス...

iPhone 6s SABONといえば、なんといってもボディスクラブ。あのスクラ...

NEW on Jun 10, 2017

お腹下しの真の恐怖は...

iPhone 6s 突然の腹痛に見舞われたのは、そろそろ会社を出ようかという20...

NEW on Jun 6, 2017

草間彌生氏の水玉かぼちゃが浮かぶGINZ...

iPhone 6s 2017年4月。銀座に大きな商業施設がオープンしておりました...

Similar posts

先生は自由だ

褒められた

魔性な冬の赤

ぬるま湯新幹線

何億回目のわたし

地に足ついた猫愛が参考になる良書。「二度と後悔しないネコの飼い方」を読んだ

安定の寿司ランチ

変わらないの意味

幻術の夕暮れ

ヌードの写真

絵画の窓

なんにでも日付を