岩井俊二の映像美ノスタルジー。「Undo」を見た(Hulu)

on Jan 10, 2016 / in 映画

RICOH GR

公開:1994
監督:岩井俊二
出演:豊川悦司、山口智子

Huluで配信されていたので久しぶりに見ると、なんとも改まった新鮮な気持ちで泣いてしまったのだった。わたし側の情緒の問題と単純なノスタルジー、それから相変わらずの美しい映像と音楽が醸し出す「Undo」の愛の物語が、その時びりびりと心に沁みてしまったんだと思われる。すごいなあ。

最近、昔見た作品を改めて見るブームが到来してる。気まぐれに。


undo [DVD]

0

Recent Posts

NEW on Apr 26, 2017

なんとかなんない...

iPhone 6s 日曜日のお習字練成会。もう今日の今日まで足腰が筋肉痛だもんで...

NEW on Apr 16, 2017

あとまわ死...

iPhone 6s なんもかんも、あとでやろうと思っているうちに、桜は散るし、歳...

NEW on Apr 12, 2017

夜で雨で自由...

iPhone 6s ここにいるのも自由だし、いないのも自由。撮るのも撮らないのも...

NEW on Apr 11, 2017

さよならnot category...

iPhone 6s はげしくどうでもいいんだけど、いやいやわたしのなかでは長らく...

NEW on Apr 10, 2017

雨上がりのピンク...

iPhone 6s 日曜雨上がりの夕方に、ピンクでライトアップされた桜の木の下を...

NEW on Apr 9, 2017

雪みたいに...

iPhone 6s 朝起きたら、あたりいちめん桜に覆われて真っ白になってたらいいのに...

Similar posts

情緒の写真

思い出さない年の瀬

反芻作業

吉田修一(著)「怒り」を読んだ

流れてしまった

燃えてしまうと思えば

人間の形状

幻術の夕暮れ

変わらないの意味

ホタテとビール

東京喰種トーキョーグールからの、凛として時雨

揺蕩った日の音楽