結末を忘れてる。「ラン・ローラ・ラン」を見た(Hulu)

on Dec 28, 2015 / in 映画

RICOH GR

公開:1998年
監督:トム・ティクヴァ
出演者:フランカ・ポテンテ、モーリッツ・ブライプトロイ

わたしは当時、何度も「ラン・ローラ・ラン」を見たはずだったが、すっかり結末を忘れてた。なぜなのだ。ま、そのおかげで今回もまた初心で楽しめたのですが。アップテンポな音楽にのせて80分で疾走する映画は、あっと言う間に終わる。ほんの少しの選択でとんでもなく変わってしまう結末に向けてローラは走り抜けていく。

人生は選択の連続で、今わたしがここにいるかどうかも、ほんの少し前のわたしの選択によってもたらされている結果なんだと思うと、人生はどうにでもなるんだか、それともどうにもならないんだか、とにかく心がぶわぶわさせられる。人生ってすごい。

物語を追いながら、わたしは同時に当時のわたしも思い出そうと努力していた。でもそれも、映画の結末を思い出せないように、うすらぼんやりとしている。ただ、若かったことだけが事実だ。


ラン・ローラ・ラン [DVD]

Recent Posts

NEW on Oct 17, 2017

まさか筋肉の目覚め...

iPhone 6s わたしは一生、筋肉のことは無視して暮らしていくのだとおもって...

NEW on Oct 14, 2017

王様と猫...

iPhone 6s うちには、ぶどうの皮を剥かない王様と、ソファーから動かない猫...

NEW on Oct 10, 2017

まるちゃんの背中...

iPhone 6s 検証機にでもなるかしら、と5年前に買ったiPhone5を気ま...

NEW on Oct 9, 2017

時空を超えた名作「クロノ・トリガー」をク...

iPhone 6s この夏はじめたクロノトリガーですが、ようやっとクリアできまし...

NEW on Oct 3, 2017

夏休みの匂い...

iPhone 6s 窓を開けっ放しだった寝室から、夏休みの匂いがする。こうし...

NEW on Oct 2, 2017

なんという梅干し好きホイホイ!立ち食い梅...

iPhone 6s 先週のはなしですけど、コレド室町で梅干しのイベントやってるっ...

Similar posts

量産型の他人

みんな同じ感傷

唯一の人

メモ魔のボーダーライン

映画「君の名は。」を見た

安定の寿司ランチ

死の匂い

ガラスの結末

情緒の写真

ラテアートで平和

魔性な冬の赤

さよならnot category