百万人目の傍観者

on Nov 29, 2015 / in 思考

iPhone 6

知らない誰かの感情や教養のにじみ出た、決して交れない日常に触れたいのです。内面にたまった正とも負ともつかない心のエネルギーを吐き出した、その結果が見たいのです。うまいこと言おうとしたっていいし、まとまってなくてもいい、訳がわからなくてもいい、嘘でも夢でも作り話でもいいのです。誰かに認めてほしいと思う反面で、誰にも理解されたくないと思う、がしかしそういう自分であることは理解してほしいなどという、それこそ承認欲求どまんなかの、錯綜した自己満足にまみれて揺れる、知らない誰かの内面が見たいのです。

そうおもって今夜もインターネットの奥深くへ沈んでいくのです。第三者どころか十人目、百人目、あるいは百万人目のただの傍観者として。

Recent Posts

NEW on Jun 18, 2017

たまにいく星野珈琲...

RICOH GR ごくたまに。...

NEW on Jun 12, 2017

地に足ついた猫愛が参考になる良書。「二度...

RICOH GR うちの実家にいた二匹の猫は、ほとんど母上が飼っていたようなもの...

NEW on Jun 12, 2017

縮毛矯正してデジパ...

iPhone 6s ヘアケアめんどくさい梅雨がやってきましたよもー本当みなさんお...

NEW on Jun 11, 2017

美肌まっしぐら。SABON(サボン)のス...

iPhone 6s SABONといえば、なんといってもボディスクラブ。あのスクラ...

NEW on Jun 10, 2017

お腹下しの真の恐怖は...

iPhone 6s 突然の腹痛に見舞われたのは、そろそろ会社を出ようかという20...

NEW on Jun 6, 2017

草間彌生氏の水玉かぼちゃが浮かぶGINZ...

iPhone 6s 2017年4月。銀座に大きな商業施設がオープンしておりました...

Similar posts

黙って見せて

煙草の薬剤師

fly-g式のブログテーマを変更しましたメモ

幻術の夕暮れ

梅か桜か

情緒の写真

映画「君の名は。」を見た

変わらないの意味

凛として時雨 「鮮やかな殺人」を聴いてる

昨日の北の丸公園 #ポケモンGO

カリオストロの城のクラリスに学ぶ

奇才の水墨画家「雪村(せっそん)」を見た