「十角館の殺人」を読んだ(Kindle)

on Jul 28, 2015

iPhone 6

「十角館の殺人」は1987年刊行の作品で、「十角館の以前か以後か」という概念ができたほどに、ど定番の大どんでんがえしミステリーらしい。ということで読んでみた。

登場人物をニックネームで呼ぶあたり、ははーん!も・し・や…!?などと方々に当たりをつけながら読み進めてはいったものの、そんな稚拙な想定などきれいさっぱり無駄におわる驚きの真相なのであった。Amazonレビューでみんなが書いてた「あの一行」って、この行だったのね!と。

ところで、序盤で出てくる「エラリイ」というニックネームの大学生が、なぜだか中村明日美子氏の描く妖艶な美男子で脳内再生されてしまい、以降の人物が全員2Dという。カタカナの威力に、わりかし振り回されてしまうのであった。良い意味で。


十角館の殺人(Kindle)

on Jul 28, 2015 / in 小説

この記事をシェア

新着記事

NEW on Jun 19, 2018

跡形もない痣

iPhone 6s お分かりいただけるだろうか? いや、全然お分かりいただけないとは思うが、これを撮った6月9日、左手首下あたりのちょっと内側の骨っぽいところに、ねえどうしちゃったの?とい...

NEW on Jun 18, 2018

誰かの写真

iPhone 6s のらりくらりと歩いていると、唐突に、バラっと写真が落ちていた。いや、落ちているのかこれは、並べられているのか。 二度見して通り過ぎて、走って戻ったよね。 ...

NEW on Jun 4, 2018

最近暗くない?

iPhone 6s 「最近のfly-g式ってさー、暗くない?明るさがないよねー、中二なの?」 そうなんです、かっこつけて裏側にペリんと丸まってる感じのやつなんですよ。...

NEW on Jun 1, 2018

便利の弊害

iPhone 6s 昔、家を建て替える匠のなんとか、みたいなテレビ番組を見ていた。 あるところに、おばあちゃんとその息子家族の家が隣接して建っていた。おばあちゃんちは古くお風呂がないの...

NEW on May 28, 2018

深夜のイラレ

iPhone 6s 急にクリエイティブな気持ちがムンムン湧いて、再び突然にAdobe ccイラレだけ購入してみたけど、これまたお久しぶりのwacom intuos5の電源が入らないもんで、あ...

NEW on May 24, 2018

溜めと淀みの沈黙のあと

iPhone 6s しばらく間を空けて なに考えてるの? って 言われたいいいい!あと10個くらい改行入れる勢いの、溜めて淀んだ沈黙のあとに。 こうなったら言う方でも...