「十角館の殺人」を読んだ(Kindle)

on Jul 28, 2015 / in book

iPhone 6

「十角館の殺人」は1987年刊行の作品で、「十角館の以前か以後か」という概念ができたほどに、ど定番の大どんでんがえしミステリーらしい。ということで読んでみた。

登場人物をニックネームで呼ぶあたり、ははーん!も・し・や…!?などと方々に当たりをつけながら読み進めてはいったものの、そんな稚拙な想定などきれいさっぱり無駄におわる驚きの真相なのであった。Amazonレビューでみんなが書いてた「あの一行」って、この行だったのね!と。

ところで、序盤で出てくる「エラリイ」というニックネームの大学生が、なぜだか中村明日美子氏の描く妖艶な美男子で脳内再生されてしまい、以降の人物が全員2Dという。カタカナの威力に、わりかし振り回されてしまうのであった。良い意味で。


十角館の殺人(Kindle)

0

by fly-g

Thanks for reading :) うれしいです!

RSS
follow us in feedly

Recent Posts

NEW on Feb 28, 2017

定時退社で走って走って...

iPhone 6s フルーツ屋のショートケーキを買いに。やっぱ丸いやつだわ。丸み...

NEW on Feb 26, 2017

通りがかりの東京マラソン2017...

iPhone 6s 走るのいいかもなー。 ...

NEW on Feb 25, 2017

2月の終わり...

iPhone 6s 春仕様のカップ。 iPhone 6s 咲いて...

NEW on Feb 12, 2017

投稿時にURLを入力するだけでwordpre...

iPhone 6s 自分のサイトの記事を引用したいとき、サムネイル付きのいい感じ...

NEW on Feb 11, 2017

月が見てる...

iPhone 6s カーテンの隙間から、満月を見てる。...

NEW on Feb 10, 2017

ティッシュまみれでコーヒー...

iPhone 6s 右に倣えの精神で絶賛流行中の風邪をひき、新しいティッシュ...

Similar posts

ぬるま湯新幹線

幻術の夕暮れ

溺れる音

第52回(2016年)創玄展へ行った

上野でワンリキー #ポケモンGO

ソニッケア ダイヤモンドクリーン祭

すあまのお世辞

ホタテとビール

安定の寿司ランチ

かわるがわるの愛しいmusic

心当たりなし

恥ずかしいの塊