「十角館の殺人」を読んだ(Kindle)

on Jul 28, 2015

iPhone 6

「十角館の殺人」は1987年刊行の作品で、「十角館の以前か以後か」という概念ができたほどに、ど定番の大どんでんがえしミステリーらしい。ということで読んでみた。

登場人物をニックネームで呼ぶあたり、ははーん!も・し・や…!?などと方々に当たりをつけながら読み進めてはいったものの、そんな稚拙な想定などきれいさっぱり無駄におわる驚きの真相なのであった。Amazonレビューでみんなが書いてた「あの一行」って、この行だったのね!と。

ところで、序盤で出てくる「エラリイ」というニックネームの大学生が、なぜだか中村明日美子氏の描く妖艶な美男子で脳内再生されてしまい、以降の人物が全員2Dという。カタカナの威力に、わりかし振り回されてしまうのであった。良い意味で。


十角館の殺人(Kindle)

on Jul 28, 2015 / in 小説

この記事をシェア

新着記事

NEW on Sep 19, 2018

たまにもらえる「良く出来ました」

iPhone 6s 嬉しい。...

NEW on Sep 12, 2018

何でもないバッグ

iPhone 6s とにかくもう、何でもない、ただの超シンプルな皮のトートバッグが欲しくてですね。こうなんていうか、一生使っていきたい的なやつ。何の小細工も効かせてないやつ。あるよねー、マー...

NEW on Sep 10, 2018

雨の日の白

iPhone 6s こんな雨の日に白い靴なんて履いてるの、わたしくらいなもんかと思ってたけど全然、前に座る2人も白かった。...

NEW on Sep 8, 2018

中二が満載の腱鞘炎

iPhone 6s 右手首が痛くって、ああこれ噂の腱鞘炎てやつなんじゃないか、とか思ってるところに、極め付けウォーターサーバーをおりゃーと入れ替えたらグッキリやったぽくて、なんだよもう、...

NEW on Sep 5, 2018

えっ、私ですか?

iPhone 6s fly-g「20分たったら教えて〜」 siri「えっ、私ですか?」 ちょ、、 教えてくんない他人行儀なsiriであった。 そのあともう一回話しかけたら、タ...

NEW on Aug 23, 2018

恋する2人と「ラチエン通りのシスター」

帰り道。人がほとんどいないタイミングで、駅の長い長いエスカレーターに揺られていた。ふと前を見ると20代前半か、ジャケなしスーツのメンズと膝丈ワンピースの女子の若々しいカップルがいた。2人は...