目を瞑って生きていくのが幸せか

on May 28, 2015

RICOH GR

「臭いものに蓋」とはよく言ったものだ。

普段の平凡な生活の裏には、いつのまにか隠れて(隠して)見えなくなった(見なくなった)事柄が多く存在している。見えないもんだから当然、耐性や対処法なんぞは身につかないままのんべんだらりと過ごしており、突然降って湧いた「臭いもの」にはどう手をつけてよいかもわからず、無防備にオロオロするだけの未熟な仕様に成り下がっている。だせー。

と、うっすら気づいているのかいないのか、その辺のバランスを取ろうなのか、凄惨なできごとをフィクションやあるいはかけはなれた現実として摂取しようと試みて、意味不明な達成感に酔いしれて終了という、そもそもバランスなんてまるでとれてない無駄な行為を積み重ねて、今日が終わるのだ。

偽善にまみれている。こちらからお願いしてわざわざ偽の善をまとって、知らないわからないと目を瞑って生きていくのが幸せなら、そんな前提にすら「蓋」をしてしまえばいいんじゃないか。

「蓋」ってどこにあるんだろ。

on May 28, 2015 / in 思考

この記事をシェア

新着記事

NEW on Sep 19, 2018

たまにもらえる「良く出来ました」

iPhone 6s 嬉しい。...

NEW on Sep 12, 2018

何でもないバッグ

iPhone 6s とにかくもう、何でもない、ただの超シンプルな皮のトートバッグが欲しくてですね。こうなんていうか、一生使っていきたい的なやつ。何の小細工も効かせてないやつ。あるよねー、マー...

NEW on Sep 10, 2018

雨の日の白

iPhone 6s こんな雨の日に白い靴なんて履いてるの、わたしくらいなもんかと思ってたけど全然、前に座る2人も白かった。...

NEW on Sep 8, 2018

中二が満載の腱鞘炎

iPhone 6s 右手首が痛くって、ああこれ噂の腱鞘炎てやつなんじゃないか、とか思ってるところに、極め付けウォーターサーバーをおりゃーと入れ替えたらグッキリやったぽくて、なんだよもう、...

NEW on Sep 5, 2018

えっ、私ですか?

iPhone 6s fly-g「20分たったら教えて〜」 siri「えっ、私ですか?」 ちょ、、 教えてくんない他人行儀なsiriであった。 そのあともう一回話しかけたら、タ...

NEW on Aug 23, 2018

恋する2人と「ラチエン通りのシスター」

帰り道。人がほとんどいないタイミングで、駅の長い長いエスカレーターに揺られていた。ふと前を見ると20代前半か、ジャケなしスーツのメンズと膝丈ワンピースの女子の若々しいカップルがいた。2人は...