虚構のマッチ箱

on May 2, 2015 / in 思考

iPhone 6


遠くに並んだマッチ箱程度の小さな箱から無数の光が漏れていて、それ以上でも以下でもないそのただの光景から見え隠れする生活臭に、心が震えてしまうのは一体何故なんだ。誰なんだ。

0

Recent Posts

NEW on Apr 26, 2017

なんとかなんない...

iPhone 6s 日曜日のお習字練成会。もう今日の今日まで足腰が筋肉痛だもんで...

NEW on Apr 16, 2017

あとまわ死...

iPhone 6s なんもかんも、あとでやろうと思っているうちに、桜は散るし、歳...

NEW on Apr 12, 2017

夜で雨で自由...

iPhone 6s ここにいるのも自由だし、いないのも自由。撮るのも撮らないのも...

NEW on Apr 11, 2017

さよならnot category...

iPhone 6s はげしくどうでもいいんだけど、いやいやわたしのなかでは長らく...

NEW on Apr 10, 2017

雨上がりのピンク...

iPhone 6s 日曜雨上がりの夕方に、ピンクでライトアップされた桜の木の下を...

NEW on Apr 9, 2017

雪みたいに...

iPhone 6s 朝起きたら、あたりいちめん桜に覆われて真っ白になってたらいいのに...

Similar posts

GW中の谷間の平日

さよならnot category

黙って見せて

絵画の窓

猫の部屋

愛と恋と悪口

溺れる音

もしかして神

縛られた黒子魂

ただ撮る写真

コピペのひとり

銀座のカジュアル鉄板焼ORGAで仙台牛のバースデー