虚構のマッチ箱

on May 2, 2015 / in 思考

iPhone 6


遠くに並んだマッチ箱程度の小さな箱から無数の光が漏れていて、それ以上でも以下でもないそのただの光景から見え隠れする生活臭に、心が震えてしまうのは一体何故なんだ。誰なんだ。

Recent Posts

NEW on May 21, 2017

モツが食べたくて。赤玉パンチサワーも飲め...

iPhone 6s 最近は格安大衆居酒屋がムーブメントで、「串八珍」にばかり足を...

NEW on May 15, 2017

なんにでも日付を...

iPhone 6s 先生はなんにでも日付を書く。書道教室のトイレのタンクにまで、...

NEW on May 10, 2017

撮りたい気持ち...

RICOH GR あ、撮りたいな、とおもって走ってここまで来た。それが情熱だ...

NEW on May 8, 2017

奇才の水墨画家「雪村(せっそん)」を見た...

iPhone 6s ズバっと太く縁取った力強くシンプルな実線が印象的、かと思いき...

NEW on May 7, 2017

ゴールデンなウィークが終わる...

iPhone 6s バカみたいに暮らした。なんて幸せなんだ。 でももう...

NEW on May 7, 2017

しゃぶしゃぶは忙しい...

iPhone 6s しゃぶしゃぶしてアクとってビール飲んで薬味入れてタレ選ん...

Similar posts

さよならnot category

黙って見せて

絵画の窓

猫の部屋

愛と恋と悪口

溺れる音

もしかして神

縛られた黒子魂

コピペのひとり

銀座のカジュアル鉄板焼ORGAで仙台牛のバースデー

死の匂い

とんでもなく痛かった・・小顔効果に期待の「コルギ」