12年間撮り続けた家族の物語。「6才のボクが、大人になるまで」を見た(映画館)

on Nov 27, 2014 / in 映画

iPhone 6

公開:2014年
監督・脚本:リチャード・リンクレイター
出演者:イーサン・ホーク、パトリシア・アークエット、エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレイター

この映画、12年もの長尺を同じ俳優で撮り続けて作ったというすごすぎる家族の物語。時間軸ヤバイ。この前提だけでもう胸にこみ上げてくるものがありますね。
12年の間に、子供は急速に大人になっていくし、大人は緩やかにもっと大人になっていく。映画の最初から最後まで、それが全て同一人物なもんだから、まったく何の違和感もない。なんて普通の、すごい映画なんだ!

それになんと言っても、「トゥルー・ロマンス」「ロスト・ハイウェイ」そして「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア(海外ドラマ)」でおなじみの、大好き女優パトリシア・アークエット氏がママ役ですし!

物語は、6才の少年メイソンが18才で高校卒業するまでの成長課程を描く。とくに大きな事件が起きるわけでもなく(といっても、当事者からしたら大問題なのだが)、成長とともにどの家族にもふりかかるかもしれない諸問題をたんたんと映し出す。なんだかわたしは郷愁の思いに駆られ、いつの間にか、この映画はこれを観ている人全員のホームビデオなんじゃないかと思えるくらいに親近感が湧いていた。イン ジャパンにも関わらず、だ。

「人生は、もっと長いと思ってた」とママ役のパトリシア・アークエットが言う。とてもぐっときた。たまたまわたしも、同じことを思っていたのだよ。

映画『6才のボクが、大人になるまで。』

Recent Posts

NEW on Nov 20, 2017

たねやのしょうゆ焼餅、再び...

iPhone 6s このときハマった、たねやのしょうゆ焼餅ですが、もう一度...

NEW on Nov 15, 2017

おはよう246...

iPhone 6s 電車止まって駅間歩くとか、朝からどんだけ爽やか演出だよ...

NEW on Nov 14, 2017

錯覚のループ...

iPhone 6s 今が一生続くんじゃないかという錯覚にとらわれて、延々とルー...

NEW on Nov 9, 2017

冬の毛並みに着替えたい...

iPhone 6s ふわふわで、もこもこで、すべすべで、カラフルなやつ。 ...

NEW on Nov 5, 2017

耳栓をくれ...

iPhone 6s ゆっくりしたくてお茶しにきてんのに、となりのババァがまじ超...

NEW on Nov 3, 2017

たねやのしょうゆ焼餅...

iPhone 6s 香ばしいしょうゆ味の荒目の餅のなかにこし餡が入ってる。 ...

Similar posts

2017この夏「クロノ・トリガー」冒険中

定時退社で走って走って

絶望という名の幸せ

ラテアートで平和

通勤リュック派

安定の寿司ランチ

初めて、いわゆるな家ツリーがやってきた

おいコラ、靴下

鼻に突っ込んでスースーさせるタイの定番お土産

懐かしくておしゃれな支那そば。三越前「なな蓮」

ゴールデンなウィークが終わる

先生は自由だ