善意じゃなくて、自分のため

on Nov 5, 2014 / in 思考

RICOH GR

階段をおっかなびっくり降りているおばあちゃんがいたので、自然に手をさしのべたわたしはわたしを褒めたい。しかしこれは、まったく善意ではない。「わたしの目の前で転んで怪我でもされたら大変だ」というそれは、おばあちゃんのためではなく、自分のため以外の何ものでもないからだ。なんという自己中。おばあちゃんは「ありがとうありがとう」とわたしに言ってくれたけど、むしろ怪我をせずに降りきってくれてこっちの方こそありがとうなのだ。こんな自己中風情に、お礼を言われるような価値は微塵もない。

なので、自己犠牲とやらは、むしろ自分のためにこそ存在する精神なのではなかろうか。

と、思ったりしたのです。

Recent Posts

NEW on Jun 18, 2017

たまにいく星野珈琲...

RICOH GR ごくたまに。...

NEW on Jun 12, 2017

地に足ついた猫愛が参考になる良書。「二度...

RICOH GR うちの実家にいた二匹の猫は、ほとんど母上が飼っていたようなもの...

NEW on Jun 12, 2017

縮毛矯正してデジパ...

iPhone 6s ヘアケアめんどくさい梅雨がやってきましたよもー本当みなさんお...

NEW on Jun 11, 2017

美肌まっしぐら。SABON(サボン)のス...

iPhone 6s SABONといえば、なんといってもボディスクラブ。あのスクラ...

NEW on Jun 10, 2017

お腹下しの真の恐怖は...

iPhone 6s 突然の腹痛に見舞われたのは、そろそろ会社を出ようかという20...

NEW on Jun 6, 2017

草間彌生氏の水玉かぼちゃが浮かぶGINZ...

iPhone 6s 2017年4月。銀座に大きな商業施設がオープンしておりました...

Similar posts

ピアスをあげて、ピアスをもらう

いつか赤いワンピース

5月の桜

神田尾張屋本店の年越しそばを持ち帰り

ラテアートで平和

何億回目のわたし

あと1,000人いる

唯一の人

情緒の写真

地に足ついた猫愛が参考になる良書。「二度と後悔しないネコの飼い方」を読んだ

縛られた黒子魂

もしかして神