午前十時の映画祭。映画史に名高い「第三の男」を見た(映画館)

on Oct 11, 2014

iPhone 6

公開:1949年
監督:キャロル・リード
脚本:グレアム・グリーン
出演者:ジョゼフ・コットン、オーソン・ウェルズ、アリダ・ヴァリ

「第三の男」。こちらの想像力をかきたてるなんとも秀逸なタイトルだ。
往年の映画ランキングには必ず登場し、映画の歴史においても非常に重要な作品として名高い傑作サスペンスである、と見たことはなくても名前くらいは聞きかじっていた。

友人ハリーを訪ねて、アメリカからウィーンへやって来たホリー。着いて早々、ハリーは昨日に事故で死んでしまったことを知り、葬儀に立ち会うことになる。途方にくれるホリーだったが、物書きである彼はたまたまホテルで知り合ったおじさん主催の講演に出演する代わりに、好きなだけホテルに泊まって良いと言われ、しばらくウィーンに滞在することに。ハリーの恋人であった女優アンナも巻き込んで、ハリーの死の真相に迫る、という物語。

映像は大変に美しいし、音楽の使い方も面白い。サスペンス的にも『第三の男って、、、お前かよ!!!』の描写もすごく良かったのだが、、正直居眠りこいてしまいました。映画館が寒かったってのも、多分にあるよ!あるある!

しかし、ラストシーンはなんとも秀逸ですばらしい。居眠りこいたわたしが言うのも、かなりおこがましいのですけれども、「第三の男」を名作と言わしめる要素はこのラストシーンだったのか、と納得せざるを得ない程に良い空間でありました。
あのラストシーンにこそ、この映画を見る価値があったのだね、とわたしは心震えましたよ。ま、途中居眠りしたんだけどね!

「TOHOシネマズ 日本橋」上映劇場 – 第二回 新・午前十時の映画祭 デジタルで甦る永遠の名作

Amazon


第三の男 [DVD]

on Oct 11, 2014 / in 映画

この記事をシェア

新着記事

NEW on Apr 25, 2018

胸が苦しい

iPhone 6s わたしは、ただただ通り過ぎていく街並みが好きで、前から後ろへ左から右へ、さっきまで今だったのに、たった今、ついさっきちょうどさっき、過去になってしまった、というなす術...

NEW on Apr 23, 2018

間髪入れずに癒し系

iPhone 6s 「ねえねえわたしって癒し系かな」と問うと、間髪入れずに「うん!癒し系!」と答え、間髪入れない感じで言ったったでドヤァという顔をしてくるので、結局この会話には本質はなく、そ...

NEW on Apr 22, 2018

デブの力

iPhone 6s つーか太ってるんですけど、なんなの?バカなの?超絶にストレスなんですが!完全に自分のせいでな!!! というわけで、まさかこのわたしが、長いこと外での運動に無縁で過ご...

NEW on Apr 16, 2018

渦潮にいる

iPhone 6s わたしは今、渦潮の真っ只中にいて、じわじわと海底へ引きこまれつつあるようだ。引き込もうと下から腕を伸ばしているのは、紛れもなくわたしであり、その顔は攻撃性に満ちている...

NEW on Apr 12, 2018

この世の写真の孤独

RICOH GR 遍く全ての写真は、撮り手のエゴイズムの上に存在し、受け手のエゴイズムによって処理される。 目の前のそれを写真たらしめるものは、世界でたったひとり、それを見ているわたし...

NEW on Apr 9, 2018

深淵の意味は自己流で

iPhone 6s ニーチェは言った。深淵を覗くとき、深淵もまたこちらを覗いている、と。 わたしは事あるごとにこのセンテンスを思い出すが、完全に自己流解釈しているので、本来の意味は不明...