鈴木敏夫(著)「仕事道楽―スタジオジブリの現場」を読んだ

on Jul 15, 2013 / in エッセイ

Canon EOS 6D + Canon EF 50mm F1.8

私は活字が進まない。が、この本は、インタービュー形式だっていうのもあって、テレビを見るようにスラスラと読めてしまった。途中でくすくす笑ったりしながら。

著者の鈴木さんは、どうしても宮崎監督・高畑監督と「教養」を共有したいと思い、家に帰ってから二人とどんな話をしたか記憶を辿って文字に起こしたり、共通の話題を持ちたくて二人が読む本を聞き出して自分も読んだりと、まずもうこの情熱がすごいです。こういった感情を人に対して持つこと、興味のあることをとことん追求する姿勢はもちろんなんだけど、それを持たれる人たちってのも一体どんななんだよ、と双方向から感情がふるふる揺さぶられました。
この3人の出会いや関係や性格やその他細かいエピソードの片鱗をかいま見ることが出来た箇所は、とても面白かった。次はどんなことがあったの?とページをめくるのが楽しいってこういうことか、ってやつ。

それが「仕事」につながっていくんだから、わたしは今の自分の「仕事」とそれの向き合い方を早急に見直すべきねと、至極反省したのもあります。

あと、宮崎監督が誰かに対して「無知ですね」っていう場面がすごく面白い。

宮さんは岩波新書の中尾佐助「栽培植物と農耕の起源」の話ばかりしていたことがあります。宮さんに「鈴木さん、これ読んだ?」と聞かれて「いや、それは読んでない」といったら、いきなり「無知ですね」。

このあいだも、藤巻さんが来たら、宮さんは忙しいのに二時間もしゃべっていました。「藤巻さん、あなたは無知ですね。世界がどうなっているかに感心ないでしょ。」宮さんは藤巻さんと話すことで、どこかホッとしているんでしょうね。


仕事道楽―スタジオジブリの現場 (岩波新書)


Recent Posts

NEW on Feb 25, 2018

2018東京マラソン撤収...

iPhone 6s まだ走ってるかなーと見に行ったけど、いやまあどこから始ま...

NEW on Feb 24, 2018

植物鑑定人「気に入った...」!「ジョジ...

iPhone 6s 「ロカカカ」の実を採取すべく、接ぎ木を判別できる植物鑑定人に...

NEW on Feb 22, 2018

薄める...

iPhone 6s 場が濃くなっていくと、次第に反発して薄めようとする力が働いて...

NEW on Feb 19, 2018

マンガの神様。手塚治虫特集「Pen」を買...

iPhone 6s わたしと手塚治虫作品との出会いは、このとき書いたとおりである...

NEW on Feb 18, 2018

どうしても肉が食べたい!2回目の「いきな...

iPhone 6s どうしたもんだが、先週から肉が食べたくて食べたくて、しかも肉...

NEW on Feb 17, 2018

カキン王位継承戦勃発。「HUNTER×H...

iPhone 6s 2018年2月2日に発売していたらしい。前回どこまで行ったっ...

Similar posts

耳栓をくれ

ヘラヘラのわけ

まるちゃんの背中

我慢できない!ニューバランス黒M1400BKS

ヒソカとクロロの対決シーンから。「HUNTER×HUNTER 34」を読んだ

2017仕事納め

まさか筋肉の目覚め

おはよう246

薄める

なんとかなんない

福袋の謎

客観というトラップ