鈴木敏夫(著)「仕事道楽―スタジオジブリの現場」を読んだ

on Jul 15, 2013

Canon EOS 6D + Canon EF 50mm F1.8

私は活字が進まない。が、この本は、インタービュー形式だっていうのもあって、テレビを見るようにスラスラと読めてしまった。途中でくすくす笑ったりしながら。

著者の鈴木さんは、どうしても宮崎監督・高畑監督と「教養」を共有したいと思い、家に帰ってから二人とどんな話をしたか記憶を辿って文字に起こしたり、共通の話題を持ちたくて二人が読む本を聞き出して自分も読んだりと、まずもうこの情熱がすごいです。こういった感情を人に対して持つこと、興味のあることをとことん追求する姿勢はもちろんなんだけど、それを持たれる人たちってのも一体どんななんだよ、と双方向から感情がふるふる揺さぶられました。
この3人の出会いや関係や性格やその他細かいエピソードの片鱗をかいま見ることが出来た箇所は、とても面白かった。次はどんなことがあったの?とページをめくるのが楽しいってこういうことか、ってやつ。

それが「仕事」につながっていくんだから、わたしは今の自分の「仕事」とそれの向き合い方を早急に見直すべきねと、至極反省したのもあります。

あと、宮崎監督が誰かに対して「無知ですね」っていう場面がすごく面白い。

宮さんは岩波新書の中尾佐助「栽培植物と農耕の起源」の話ばかりしていたことがあります。宮さんに「鈴木さん、これ読んだ?」と聞かれて「いや、それは読んでない」といったら、いきなり「無知ですね」。

このあいだも、藤巻さんが来たら、宮さんは忙しいのに二時間もしゃべっていました。「藤巻さん、あなたは無知ですね。世界がどうなっているかに感心ないでしょ。」宮さんは藤巻さんと話すことで、どこかホッとしているんでしょうね。


仕事道楽―スタジオジブリの現場 (岩波新書)

on Jul 15, 2013 / in エッセイ

この記事をシェア

新着記事

NEW on Jun 19, 2018

跡形もない痣

iPhone 6s お分かりいただけるだろうか? いや、全然お分かりいただけないとは思うが、これを撮った6月9日、左手首下あたりのちょっと内側の骨っぽいところに、ねえどうしちゃったの?とい...

NEW on Jun 18, 2018

誰かの写真

iPhone 6s のらりくらりと歩いていると、唐突に、バラっと写真が落ちていた。いや、落ちているのかこれは、並べられているのか。 二度見して通り過ぎて、走って戻ったよね。 ...

NEW on Jun 4, 2018

最近暗くない?

iPhone 6s 「最近のfly-g式ってさー、暗くない?明るさがないよねー、中二なの?」 そうなんです、かっこつけて裏側にペリんと丸まってる感じのやつなんですよ。...

NEW on Jun 1, 2018

便利の弊害

iPhone 6s 昔、家を建て替える匠のなんとか、みたいなテレビ番組を見ていた。 あるところに、おばあちゃんとその息子家族の家が隣接して建っていた。おばあちゃんちは古くお風呂がないの...

NEW on May 28, 2018

深夜のイラレ

iPhone 6s 急にクリエイティブな気持ちがムンムン湧いて、再び突然にAdobe ccイラレだけ購入してみたけど、これまたお久しぶりのwacom intuos5の電源が入らないもんで、あ...

NEW on May 24, 2018

溜めと淀みの沈黙のあと

iPhone 6s しばらく間を空けて なに考えてるの? って 言われたいいいい!あと10個くらい改行入れる勢いの、溜めて淀んだ沈黙のあとに。 こうなったら言う方でも...